何気ないところに小さな幸せが・・・。そんな日常を「徒然なるままに」語ってます。   
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
「最強のふたり」
今年も東京国際映画祭に行ってきました。
そもそもオフィスがあるヒルズが会場なので
とても身近な存在になって早数年。今年で3度目の参加。

今年は字幕のお勉強にもなる中国語の作品に
いまいちピンとくるものがなかったので
別の国の作品を見てきました。

「アルバート・ノッブス」「チキンとプラム」

どちらもとてもよかったけれど、舞台挨拶もQ&Aもなく
結構地味な作品を選んだなぁ、、、と映画祭らしさに欠けていた今回の選択だったか。
でも、最後に1作品。。。やはり!!
コンペ部門のサクラグランプリに輝いたこの作品

「最強のふたり」
http://2011.tiff-jp.net/ja/lineup/works.php?id=25


私の中では今年No1の映画。
クロージングセレモニーまで、受賞作品が分からなかったんだけれど
コンペ15作品のうちどれになるのか、ホント楽しみでした。
(でも内心、めちゃくちゃつまらない作品だったらどうしよう。。。と
チケットを先に買ってしまっていた手前、不安でもあった。。。)

事故で首から下が完全に麻痺してしまった車いす生活の富豪と、
介護役に抜擢された黒人青年との心あたたまるストーリー。
実話に基づいているとのことです。
一見共通の話題もなければ、心も通わなそうな富豪とチンピラ(は失礼かな)の生活だけど
一緒に過ごしていくうち、ふたりは様々なものを調和していく。

私は実はこの二人、共通点があるんではないかなぁと思ってみてました。
主には2点ではないかなぁと思っています。
まず1点目は「人生前向きであること」
そして「ゆるす精神を持っていること」、「相手を突き放さない、受け入れる能力があること」
つまり「基本的にとても心があたたかい人であること」ではないでしょうか。
だから2人は仲良くなったのではないかなぁと。。。
お金持ちだけど自分ひとりでは何もできない身障者のフィリップに対して
ハーレム育ちの黒人青年ドリスは憐みの目なし。対等に接し自分の考えをぶつけてくる。
片や知識豊富なフィリップは一見正反対のドリスに対して、同様に偏見の目は持たず
むしろ彼の知らない世界を沢山紹介していく。(逆に教えられることもある)
二人はどちらかがGiveでもなく、どちらかがTakeでもない
持ちつ持たれつの関係となる。
それは誰もが持つ「ワル」な部分と「良心」的な部分が突出した二人が
私達自身の鏡のように思えるからこそ、私達は親近感がわいたのかもしれない。

ストーリーのテンポの良さもこの映画の特徴かもしれない。
飽きさせない笑い、感動、嫌悪、緊張、、と様々な情景が散りばめられている。
また、フランス映画って、しっとりねっとりなイメージがどうしても強かったけれど
映画館で観客みんなでわっはっはって笑える映画を久々に見ました。
アメリカンジョークというわけではなく、万国共通のほほえましい笑いってやつです。

年末が近くなってきて、
こんな形でステキな映画に出会うことができてホントに幸せ。
やっぱり映画ってホントにいいなぁ~とつぶやいてしまう今日この頃でした。


スポンサーサイト
page top
「King's speech」
ちょっと息抜きしたくて行ってきました
この1年見た映画の中で一番だと思う。
感動!前評判どおり。コリン・ファース最高!

特に英国王室に詳しいわけでもなかったし
ジョージ6世くらいは誰か知っていたけれど
知音に悩まされていたことなんて全く知らなかった。
自由奔放な兄のスキャンダルの後、望まなかった王の座につくことになった
「ちょっと変わった」言語障害専門家のライオネルは知音の原因を見抜き
独自の方法で、彼を導いていく。

泣いた、泣いた
ありきたりなラストシーンで感動したというよりは(もちろんラストもよい)
人生を正面からうけとめて、克服していこうとするジョージ6世の姿にも心を打たれた
とても優れた王様だったと歴史では習った気がしていた。
彼の正義を追いかけるタフな部分と意のままにならない発言での葛藤
しゃべらなければ力強さを感じ、しゃべるとひやひや、、、そんなドキドキを
沢山のシーンで見ることができた。
何よりもコリン・ファースがとてもうまい。
スピーチのシーンはホンモノのようにもどかしかった。

ラストの宣戦スピーチもさることながら
何よりも戴冠式の前の練習?シーンが彼の心の葛藤をうまく表現していたと思う。
まだ見ていない方はお見逃しなく。

誰でもいろんな葛藤が心の中にはある。
それをためて心の壁をつくってしまうことは
いろいろな弊害を体の中に生んでしまう。病気にもつながる。
知音をはじめ鬱病もそうかもしれない。
よくそういった心の壁が原因の病は「自分は病気だ」と認めることからスタートするという話をきく。
彼も病気や使命に正面から立ち向かい、心にできた壁をの原因をつきつめたことで
最良の道を進むことができた。
病はなにも身体だけではない。いかに心穏やかに過ごしていくことが重要か。
愛する人たちの支えが必要か。。。

アカデミー賞作品賞・主演男優賞の受賞は、ほぼ確実だと思っていたけれど
やはり獲得。
にしても、アメリカ以外を舞台にした作品の獲得が
最近では結構見られるなぁ。。私はイギリス映画が大好きだからうれしいけれど
アカデミー会員がガラッと変わったのかしら?

HPは下記参照で↓
http://kingsspeech.gaga.ne.jp/


またまた追記だけど前回の「ソーシャル・ネットワーク」に続き
隣人?に恵まれなかった。
隣はオール明けの女子2人。途中で席は立つわー、携帯電話はOFFにしていないわー、最悪。
携帯をOFFにする意味分かってますか?
バイブにしときゃーいいわけではない。
暗い館内で、携帯画面が光のひじょーーーーーーーに気が散るんです。
電車の中で化粧と同様、喝!
にらみきかせてもまーったく効果なし。頼むよ!
page top
「ソーシャル・ネットワーク」
なかなかよかった!

もともと行くつもりはなかったんだけど
評論家さんたちの評価がけっこう高かったので
東京国際映画祭の時は見向きもしなかったのに、急きょ方向転換して行ってきた。

頭の回転の速さからくるだろう
マーク・ザッカ―バーグの早口ないいまわしを主役の俳優さんがうまーくやっていた。
映画は評判通りのテンポのよさで、とっても楽しく見れた。
しかもただのオタク映画かと思っていたら
裏切り、嫉妬、人間劇も満載で
孤独な若き億万長者をうまく描き出していた。

ただの成功物語を描いた作品なら、
こうも複雑な人間模様を描けなかっだろう。
マークが抱えた訴訟をベースに
過去にさかのぼりFace Book誕生と進化と交錯する。
個人的に好きなシーンは、若き弁護士の女性を最後にFaceBookでマークが検索するシーン。
億万長者も普通の20代。
自分が生み出したものをこよなく愛し、進化させている様子が垣間見れた。

十分誕生秘話を楽しむことができたけど
妙に興味を持っちゃって、
思わず原書をBooklogに登録。。
この勢いにのって読んじゃおう。。

それにしても今日は両隣の女性が最悪だった。
右は私よりも年上のキャリアウーマン?風お姉さん
来週海外出張する話を予告中ずーっと大声で話していた
思わず「黙れ!バ○ア」と言いそうなった。
(先日の中国映画の右隣の男性のヤジよりひどいか。。)
左隣のカップルの女子もうるさかった。
話の内容を理解していないようで、終了後彼氏に聞いていた。
頭の回転が悪いのか。。。
そういうことは彼氏と2人きりの時に聞かないと。(周りにマル聞こえでバカ丸出しよ)

やっぱおひとり様映画は平日にするもんだ。。
page top
「スプリング・フィーバー」
「春の嵐」
話のあらすじはHP等でチェックしていたけれど
なんでそんな不思議なタイトルがつけられているのか
よく分からなかった。

あるゲイカップルに、その妻、探偵、探偵の彼女の主要登場人物5名が絡む物語。
とても純粋に愛し合う姿は、性別や年齢を超えた、愛の形。
「アート系映画」とひとくくりにしてしまうのは、おおざっぱすぎるかもしれないけれど
なんだかやるせなーい気持ちが残る映画でした。
ともかく話題作なので、チェックできてよかった。
ピューッと吹き抜ける春の嵐を思い浮かべた。
なんだか土っぽくて、暖かくて、しめっぽくて、そんな風に吹かれた気分だった。

私はこの物語よりも、翻訳をしていた方のうまさにひかれた。
引用される詩の日本語訳の美しいこと。
私はまだまだ勉強が必要だなぁ、、、と。

それにしても、中国の人ってホント「サバイバー」。
この映画の監督は中国国内の映画製作を5年間も禁止されていたのに
ホームビデオにて、ゲリラ的に敢行。
海外の資本を入れて制作し
舞台の南京の映画祭に海外から出品したら、なんとグランプリに。
インディペンデント系の映画祭にしても
そのマル禁印を政府からつけられている監督の作品を
上映してしまう責任者もタフ。
いろいろ「解釈」によって逃げ道を探すことができるのは
どこの国の法律でもあることかもしれないけれど
何かを表現することがこんなに大変な国だなんて
息が詰まるだろうなぁ思ってしまう。
いや、自身現地で息がつまった経験はないけれど
そんな見えないバリアがあるのが、中国という国なんだと改めて感じた。
私たち日本人の平和ボケをふと感じてしまったりする。

page top
すいの東京国際映画祭
今年もいってまいりました。
今年は連日雨でとっても悪天候な感じだったけど
それもカトリーヌ・ドヌーブにちなんでなのでしょうか?
(幸せの雨傘、見に行かなきゃ)
まぁそれはさておき、昨年から2年連続で参加の東京国際映画祭。
今年は1日しかいけなかったけれど、それなりに楽しみました。

昨年前売券でかなり痛い目にあったので(※)
今年は当日券と決めていた!
正解!
六本木ではお気に入りの一番後ろの席が空いていたし。
※昨年の日記参照
 確か書いてました。。。
 座席がシステム上選べず、何回クリックしても「前から3番目」しかとれなかったのでした。。。
 アップはどこのアップかわからず、首が痛くなった。
 字幕を見なくても分かる作品だったからまだよかったものの、。。

1日3作品を見るつもりだったけど
1作品はイギリス+アメリカ映画だったので、当日券が即sold outに。
これは少し予想していた。
open時間に行ったから、熱心なファンがもう列を組んでいるだろうと。
中国作品は問題なくチケットをゲットできました。
だから来年は見たい作品によって、前売りを当日券をうまく使い分ければよいのかなぁと思いました。

見た作品は「重慶ブルース」と「鋼のピアノ」
コンペ作品だった「鋼のピアノ」は主演男優賞をとってました!
思い返せば、主演のワン・チエンユエン(王千源)さんの演技は
彼の人の良さが伝わってくる暖かいものでした。
作品的にはカット変りが少々気になった(多い)んだけど
おもしろい作品でした。
Q&Aセッションンもとっても楽しくて、
やっぱり東京国際映画祭の醍醐味はこの「作り手と近くに感じることができる」
暖かさにあるぁと実感したのでした。
(だから、もっとたくさんの人に来てもらいたいけれど
 人が多すぎてチケットがとれなくなってしまうのは勘弁って感じです)
片や「重慶ブルース」はうーん、想像と違っていたかなぁ。。

鋼のピアノ↓
http://www.tiff-jp.net/ja/lineup/works.php?id=15


これは余談だけど「重慶ブル―ス」を見てた時に
私の右隣の男性が開始早々に私の左隣の男性に
「ポップコーンを食べる音がうるさい」と注意していた。
私は真ん中で冷たい風にさらされ、いきなりイヤな感じ。
さらに、どう聞いても「注意して」食べている風の左隣にむかって
「まだ音が聞こえるから外で食べろ」と注意した右隣。
てか、あんたどんだけ細かく音を聞くつもりなんだって言いたかった。
バイリンガルの私でさえ別にそこまで神経質に音を聞きとる気はないし
間にいる私のことも考えてくれ!
(そんなに聞きたきゃDVD買いましょう)
左隣も映画の音が大きい時に食べるって技を知らないのか?(常識よ)
まぁ左側の男性が大人だったので、喧嘩にならずよかったが。
初めてこんな目にあいました。
ナイフとかで喧嘩にならなくてよかった。。
© すい's BLOG. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。