何気ないところに小さな幸せが・・・。そんな日常を「徒然なるままに」語ってます。   
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
ベルギー王立美術館展
最近の世の中は便利になったもんだ。

池西も21時まであいてるし
上野にある国立西洋美術館も金曜は20時まで開いていた。

ずーーっと行こうと思っていて、前売りを手に入れて早1ヶ月。こんなに時間がたってしまった。

11月行こうと思っていた日は、夜遊び朝帰りで延期。
心身ともに穏やかな時に美術館は行きたいしね。
寝不足はブー。


17時半でさっさと会社をおさらばし、
お一人様「芸術の晩秋」。

もともとブリューゲルとかルーベンスの絵がなかなか好きで
(一番好きなのはルノアールだけど)
たまにユーモアが入っているあの時代の人たちの絵、特に庶民の絵、、、王族の肖像画とは違った趣がある。


この間の「期待していなかったら・・・」の日記ではないが
今回はブリューゲルさん親子の絵よりも、私が気になったのは
ダーフィット・テニールスって人の書いた絵①と近現代のルネ・マグリットの絵②


絵①は、不思議な絵だった。
あれ、メディチ家じゃなくて、何家だったかなぁー
すっごい有名な名家の人、ど忘れした・・・
その人が絵師をやとって、自分の絵画コレクションを並べた部屋の全体図の絵をかかせている。
あんな絵、始めてみた。
中世の貴族が絵師を抱えているのは知っていたけど、大体自分や家族を描かせたりしていて、
この作品はその人のコレクション(絵に描かれていたのは少しだったけど、きっと数100点ってもってるんだろーなぁ)が部屋にたーーーくさん並べられていて、その中心に自分。その一つ一つが名画なんだけど、またこれが忠実に描かれている。
そんな作品はでかくなかったけど、なんだか印象に残った。



絵②は「光の帝国」ってタイトルだった。
最初「何が?」って思った。
描かれているのは、湖畔の家。夜更け窓明かりが点る。
違和感なく不思議に思わなかったが、空は青空。。。
昼と夜が混在。
この紙一重を人の心や様子、そして反対と思われるものの混在、共存、、、様々含みを持っているこの作品。
この作品が一番気に入った。


ベルギー王立美術館はこういった現代にかかれたものも展示しているみたいで、中世のものだけではないところが特徴とか。


今日は金曜日だけど、人が多かったー。
若い人も多かったなぁ。

一つ気になったことがある。
なんだか私と同じ歩調で進んでいたカップルがいたが、女性が着物。
「おっ、いろっぽい!」と思ったが、髪のアップの仕方、着こなしが下品で(って失礼か?年齢に合っていない)くて、
嫌気がさした。。。
なんだかこのくだり、向田邦子の小説みたい?!
いやいや嫉妬ではなくてね。。。


※この日記はmixiにも掲載しています。
スポンサーサイト
page top
ああ、日本の秋いいなぁ。
人生も、食べ物も、、、
期待していないものに限って楽しかったり、すばらしかったりすることが多い。

観光地もそう。
週末に行ってきた京都と滋賀の湖東三山の旅でもそれを体験。

週末広島にトンボがえりして、広島発のバスツアーに参加した。
目的は、京都の嵐山と滋賀の湖東三山の紅葉。
今年は例年より紅葉が遅いと聞いていたから、ちょっと心配だったが、それなりにきれいな紅葉を見ることができた。
行ってる所が山でしたのでね。

その日程の中、嵐山は午前中が自由行動だった。
日曜日で、全国的に予報は雨。
嵐山の天気はかろうじて雨振らず、曇り空がなんとかもってくれていた・・・・そんなどんより空。


私は京都が好きだ。
そう思うようになったのは25を過ぎてから。
子供のときに家族で行った、関西は
京都よりも神戸が好きだったし、
大学生の頃の関西への旅で、特に印象に残っているのは、
大阪食い倒れ。

しかし、お金の余裕もできた25の年、
親友と京都の旅だけで6,7万は使った豪遊をした。
それは別に舞妓をよんだわけでもなんでもなく(一度やってみたいが・・・)
一泊25,000円の町屋づくりの宿にとまり、
京のおばんさいに割烹・・・と大人の旅を楽しんだのだ。


大人の街だと思った。
日本だと思った。
「kyoto,kyoto」と言う外国人の気持ちがよく分かった。

現実逃避したかったのだと思った・・・


そんな隠れ家をたくさん提供してくれるのが京都だった。。。


もともと広告会社に入ったのきっかけの広告の一つに
「そうだ京都に行こう」があったし
まぁ、それなりに縁があったのかもしれない。。。


嵐山は3度目だった。

お寺だけでもなく、名所をまわるだけでも
毎回新しい発見がある。
お気に入りになった場所はまた行きたいし
そうなると私の京都探索はいつ終了するのか?


嵐山に「大河内山荘」という場所がある。
映画スターの大河内傳次郎が私財をなげうってつくった山荘とか。
母が「いいらしいよー」と豪語していて、行くこととなったが
私は母が子供の頃の銀幕のスターを知るはずもないし
「えっ?北大路?誰?」と北大路欣也と名前の区別がつかない・・・

はっきり言って、期待していなかった。
個人の別荘でしょ?
しかもスターが適当に山買って、つくったんでしょ?
えっ、お抹茶が1,000円?高っ!!

思いがけず、、、、、
そこが今回の旅の一番の美しい場所だった。
このスターが生涯をかけてつくった山荘。
ただのお金が余ってつくりましたぁーとはわけが違っていた。
高台に所在し、京都市内も見下ろせ場所もべスト。

紅葉はまさに絶景。
今まで、真っ赤な紅葉が好きだったが
ここのは黄色。
その上、段階を経て色づくため
今も見ごろ、きっと来週は違った色の紅葉が色づき
また違った楽しみが味わえるのだろう。。。。

かつてのスターに懐かしみやってくる人。
まったく知らなくてやってくる人。
紅葉の絶景を見たくてやってくる人。
様々。


最近、結婚する気もないのにブーケが飛んできたり
まぁこんな「予想外」が多いものだ。

期待していた「鳥獣戯画」が見れる寺はブーでした。。。
まぁ雨だったし。
それよりも、他と比べてしまった。。。。


大学生のときに行った「竜安寺」がお気に入りだった。
バックパックの二人は、庭を眺めてぼーーーーっとした。会話もせず、圧倒された。ただぼーーーっ。
今行くと感じ方も違うかな。
28歳のぼーーーーっができるかなぁ。


日本人でよかったなぁ。。。。
これぞ京都の秋!!西明寺

大河内山荘②

大河内山荘①



※この日記はmixiにものせてます
page top
年をとったのかしら?
松本直子
1978年2月2日生まれ みずがめ座
現在28歳。誕生日きたら29歳。

昔「29歳のクリスマスイブ」ってドラマがあったけど
それが今年ってことか。
(私は早生まれの為、同級生はみんなほぼ29歳)
なんだかまだまだ自分では若い気でいるんだけなぁ。

最近「あー年とったなぁ」と思うことが多い。


●知らないおばちゃんと話がしたくなる
今日クリーニング屋さんに行った。
柏に越してきて一度お世話になった先は、いまいちと思ったので、近所の奥まったとこにあった個人経営のクリーニング屋さんに変更。
きっかけは「クリーニングマスターのいる店」という看板。

夏物のスーツを出したかったのと、トレンチコートが知らない間にわけのわからないしみができていたので、いろいろ説明しながら納得してクリーニングできる先を探していた。

あそこのおばちゃんはすごい!!
しみをみて、原因を究明。さらに
「あー、このてかりはねぇ強すぎるアイロンかけちゃったせいよきっと。」としみ以外の部分にもいろいろと細かくチェックをかけてくれた。
1年以上ほったらかしで、海外にとんでた間のスーツはちょっと痛んでたけどおぱちゃん曰く「これは保存状態だけではないのよ、お家は新築?」とかお家の環境についても細かくチェックしてくれた。

で、おばちゃんといろんな話する。
最近なんかこういった「人とのふれあい」が好きだ。
巣鴨の回でも書いたが、鯛焼きを買う列で前後にいたおばちゃんと話が盛り上がったり、なんだか見ず知らずの人でもとっても楽しく話せてしまう。

まぁもともとしゃべるのが好きなんだけど
加えて今は一人暮らしだからしゃべる機会も少ないし。
それにすっごっく心があたたまる。


●若者の間ではやってるタレントがわからない・・・もしくはついていけない
1年半の海外生活でもブランクがあるものの、高校生のノリについていけない。
好きなクラブにいけばそれはそれで楽しめるんだが。
一昨日w-indsのファンを間近に見たときに、えらく冷静な自分がいる。「w-inds」のスペルも最近知ったし。「w-ings」ではないのね・・・。
「わっかいなぁー」と冷静に見る自分。
あっ、でも自分の大好きなタレントさんにはのめりこめるんだけどね。
それでも、のめりこみかたがちょっと昔とは違うのかな。



●コーヒーに癒される
酒の味がわかってきた・・・とも世間一般には言うが
とにかく香りのいいコーヒーが飲みたくなる。
私の好きな作家の宮本輝がすーーーーっごい昔にネスカフェのCMにでていて
「宮本輝は知っている」というコピーだったが、
そのコピーの奥に秘められたものをなんだか感じ取ってしまう・・・。
まぁライターは簡単な気持ちでつくったコピーかも知れないけれど、あの一連のCMにでていた人たちは年も重ねたステキな大人だったし、「知っている」はネスカフェの「味」ってだけではなく、そんなコーヒーからもらえる安らぎを「ワンブレイク」以外にも感じ取れるって若い頃には分からなかったなぁと。


●少々のことでは動じない
もともとそうだったけどね。。。。
なんかいろいろあっても、経験が増えたんでしょうか?
自分では要領のいいほうだとは思ってないけど、頭の回転は速いと思うんだよね。
リスク回避をすぐにするというよりは、枝分れをたくさん瞬時に分析できるようになったというか。
いやぁ、昔にもまして冷静になった。


●以前よりもさらに、曲の歌詞にたいする思い入れが深くなる
これももともとだけど
おそらくアーティストさんのつくった曲はつくった人の思い入れがあって、その人の思い出があって
その人の人生であって、
私もそれを前よりも自分の人生に置き換えて
「そうそう!」とか「私はでもこうしていくんだ!!」
と決心できるようになる。
若い頃は簡単な歌詞のフレーズや言い回しがきれいで、もしくはメロディーがよくて、当時の思い出と重なって「その曲」を好きになっていたけれど、今はそれだけではない奥深いものがある・・・



私とタメなら最近こう思ってる人、多分多いとおもうんだよなぁ。
昨日も親友杏奈とクラブ遊びの後いろいろ語っていたら
同じようなこと話したもんなー。
人生について、恋愛価値観について。。。。



結論、
年をとったことに後悔してるのではなく、
自分ではステキに年を重ねてると思うの。
昔は感じなかった感性もあるし、
28には28のよさがある。


※このコメントはミクシィにものせています。
page top
中華年記念音楽祭! スペシャルゲストは!!!
大興奮!!

昨日「中華年記念音楽祭」に行った。
http://www.wcecjapan.org/japanese/j-topics0905.html
2007年を日本中華年と題し、いろいろなイベントが企画されている。
この音楽祭がどうやらキックオフイベントとか。
(私も最近知ったが・・・)

昨日は終日外出だったので、上司に頼んで17時直帰。
なんとか滑り込みセーフ。
横浜でやるライブはとっても大変・・・。


ゲストは中国人なら誰でも知っている有名な歌手
周健華やSHE他
日本からは元ちとせやなぜかw-indsが。
(彼らのスペル、初めて知った・・・)
他にもたくさん。
席も前から12列だったので、もうすぐそこ!!だしー大興奮。

中国語の新聞でたまたま広告をみつけ
シューチンさんに話し、行く前から二人とも大興奮。
彼女は周健華、私は目的といえば・・・まぁ元ちとせかな・・・。


そしたら・・・・
すごいスペシャルゲストが!!

ゴスペラ-ズ!!!

黒沢薫が目の前に!!!!!

すっごいうまい!

アカペラ!!

リーダーもテレビのまま、サングラス。



誰も知らなかったスペシャルゲスト。
ほんと鳥肌が立ちました・・・
すっごく幸せ。
「約束の季節」歌ってほしかったなぁー。
でもホント満足ー。

音楽祭はとっても楽しかったんだけど
ひとつ感じたのが、
「私も歳をとったなぁ・・・・」
私のいた前列はほぼw-indsのファン。
もう若いわ、若いわー。
誰が誰だか分からないけれど、かっこよかった。
親友のまゆみを男にしたみたいな子が真ん中で踊ってました。
高校生、大興奮。
お姉さんも大興奮。
蛍光の腕輪たくさんみんなつけて、同じ振りで踊ってました。


でも私はやっぱゴスぺだな・・・
(あっ、桜井さん浮気だ・・・ごめんなさい。もちろん桜井さんのことも応援してます。)

ちょうどシューチンさんに彼らのCDを貸していたので
彼女も知ってたし、よかったぁー。



これから私も日中の架け橋のためにがんばろー。

なぁーんて、今は当座のことが忙しく・・・
昨日も3時まで資料をまとめていた・・・。
仕方ないな・・・・中途半端はできないたちなので。

はー、遅めの昼休み・・・
なんて休んでないけどね。
とりあえず興奮した日記を書いて休憩。
いやぁ、バタバタ。
ホント上司がたまに国外にいるって、結構大変ね・・・。
出張が多い上司は前に持ってたが・・・。


※このコメントはミクシィにものせています。
page top
ダーリン、だーりん!
で、分かる人は桜井さん好き。絶対。
もしくはミスチルマニア。
いや、テレビでも結構流れてるのかしら?

今日から会社勤め再開。
と言っても、父の知り合いの方が日本で会社を立ち上げるのをお手伝い。
しばらく忙しくてたーーいへんなんて様子もなさそうだし、
黙々と作業をこなすのみ。

にしても何にもないオフィスに一からものをそろえていかなくてはならない。
前の会社でも親会社からの引越を経験してるので
その時の経験が結構役にたった。
(やっぱなんでも人生の糧になるわけだよ>まみちゃん)

パソコンがてっきりあるのと思いきや
購入の予定は今はなく、それぞれ自分のを持参するしかない。
今日はパソコンもなかったし、とりあえず何をそろえたらいいのかをチェック、近所にスーパーや100きんや文具屋がないかチェック。

・・・品川って何もない。
ご飯食べるところは結構あるのに。
ちょっとしたものを買うのに小さな小さなコンビ二のみ。
しかもミニストップかよっ!
ソフトクリームは好きよ。でもお弁当はやっぱセブンでしょ。
(後で徒歩15分のところにスーパー見つけたが・・・)

いかに情報検索する時にインターネットに依存していたかを実感。私のパソコンはちょっとでかいけど、持って行くしかないなぁ・・・。


そんなこんなで、ビックでハブ買ったり、LAN買ったり
ついでに品川駅近辺の「スーパー事情」を調べて買える。
駅前の成城石井やwingのスーパーでは日用雑貨は揃わない。

やっぱコンビ二か・・・・


駅前のコンビ二に入った。
ホテルも多いため、外国人の姿もけっこうみかけた。
私はコンビ二で売っているものチェックの為にはいったが
思わず耳がダンボになる。


・・・・桜井さん!!


はじめてアタマ部分から聞いた「しるし」
何か商品を見ると言うわけでもなく、
音がよく聞こえる入り口のお土産コーナーでぼーっ。

はっきり歌詞が聞き取れない!
うるさい、静かにー!!外国人!!

でも耳にたこができるほど聞いたサビ部分。
あのセツナイ声と映像がよみがえる・・・。


桜井さん、私は前に進むんだよぉ、決めたんだから。
仕方ないのにどうしても愛してしまうような恋はもうしないんだから!
胸張って次の大好きな人を愛するんだから!

と、言い聞かせ
家路につく。


結局、品川近辺での買い物が期待できない為
地元まで戻って必要雑貨を購入。
あしたはパソコンもあるし、絶対全部は無理!
こりゃ今週は毎朝大荷物で通勤だぁ。

もー、腕が痛い。
明日はきっと筋肉痛・・・・。
全然早く打てないや。

※この日記はミクシィにものせています。
page top
月はどっちにでている?
昨晩、0時過ぎ柏駅を降りた・・・
結婚式の二次会が終了したのはすでに23時。
地元にたどり着いたのは12時をまわっていた。

足はひさびさピンヒールでくったくた。
日曜の晩、既に乗客の少なかった常磐線では靴を思わずぬぎたくなった・・・。


出かけに見た月は、向かう方向正面におーきく出ていた。

満月のようだった。
旧暦には詳しくないので、今日が満月の日なのかは定かでない。でもとても大きな大きな月が向かう柏駅の方向に出ていた。


結婚式は久々の参加。
中国にいる間、ことごとく友人の結婚式を逃していた。
誘われるとうれしい反面、面倒だなぁと思うこともあるが、今回は純粋に、久々に会える友人とその晴れ姿を楽しみに参加した。

結婚式で見た友人の姿はとても輝いていた。
もともとかわいい花嫁だから、もちろん式の中心なんだが、だんなさんのそばでよりそい彼のあいさつに笑顔でうなずきながら、微笑んでいるすがたは「太陽」というよりは、夜空を照らす「月」のようだった。


疲れた足に鞭打って、到着した駅。
不思議なくらい幻想的な霧がでていた。
柏に越してきてはじめて。
なんだか軽井沢とか山の中にいる気分。
おもわず深呼吸。空気がきれいなはずがないのに。

空には高ーく高ーくに月が見えた。
こんなにも高さが上がったか?
ずーっと月を見上げながら、歩いた。歩いた。
それは出かけのときと変わらず、霧の街を照らしていた。

※このコメントはミクシィにものせています。
page top
お芋、お芋、お芋~!
私のお芋好きはけっこう有名な話。
この書き出しなんか前にも書いた気がするけれど、これはホント。(あっ確か@北京 焼き芋の回だ・・・)
世の中にはたーーくさんおいしいものがあって

「明日で死ぬことが分かって、最後の晩餐としたら何が食べたい?」」とか
「いっちばん大好きな食べ物3つ答えて」って言われると必ず答えるのが


「大学芋!」


よくお金がかからなくていいね・・・とか
地味だねーとか
顔も芋みたいになっちゃいぞとか言われるけど
仕方ない。
血筋、血筋。
お母さんもよく食後に芋満月or芋けんぴ食べてたもん。
二人でお好み焼き焼けるまで、スーパーで買った大学芋つつきあったのが懐かしい・・・。
(早くかえりたーい!!広島!!)


今日はGさんのご案内で、巣鴨に行った。
そもそも木曜日、香港の件でずーーっとお世話になっていた方なので、お食事に一緒に行きたいなぁと思って矢先、ちょうど機会をつくっていただいたので、父の会社の方と丸ビルご飯をしていた。

干物七輪焼き。
白いご飯(釜)にお味噌汁がぴったりのとーってもおいしいお店。きどったお店しかないと思ってた丸ビルで新発見。
お店を選択したGさんの食のセンスいいなぁ、尊敬。
お魚とお野菜も一緒に注文。私はお芋に目がないので
お芋をつつきながら、
「私お芋大好きなんですよねー。特に大学芋!」というお話をしたら・・・
「ウチの近所(巣鴨)にすごいうまい大学芋屋ありますよ。もし巣鴨にいらっしゃったら案内しますよ。」


と・・・いうことで早速行ってしまった。
いやいやGさんのご迷惑も考えず、すぐに行動してしまった私。聞いているだけで早くそのお芋さんに出会いたかった。



さきほどその「お芋」食す。
感動!!
購入店は「興伸」
巣鴨のおばあちゃんだけではなく、大学芋マニアの間では有名なお店のよう。
けっこう個人のHPに紹介されていた。
私の好きなタイプのお芋。
確実ベスト3入り。

ここ数年、スーパーの100円市等の大学芋にはまっていたが
もちろんこちらも安いわりにうまい。
でも油っぽく、大量生産感が否めなかった。
某全国チェーン量販店の惣菜広告を担当していた時は
この季節に大学芋がプロジェクト登場してくるのを楽しみにしていた。
(ちなみに、今スーパーの大学芋もけっこうこだわって作ってます。大体この季節のものは産地を限定していて。格段うまい)


興伸の大学芋は冷めてもおいしい。
特に、お店のお母さんが
「こういう芋が一番おいしいのよ」と言って、お芋のいちばん端っこの部分を指したが、やっぱりそこのが一番おいしかったぁ。
大量購入にて、あと2日は楽しめるかしら。
いや、明日一日で食べちゃいそう・・・。
ここも季節によってお芋の種類が違うとか。




巣鴨って、「おばあちゃんの原宿」って言われているけど
なんだか素朴な人と人との付き合いがのこっている町って感じ。

鯛焼き屋さんの行列にて前後のおばあちゃんと話が盛り上がり、佃煮屋のお母さんにたーくさん試食させてもらったり・・・なんだかあーったかい街だなぁと実感。

東京にでてきた年。住んだ町が板橋区で、大山の商店街もこんなかんじだったなぁ・・・と懐かしむ。
あそこにも大学芋屋さんがあった。
まだやってるかなぁー。
あと餃子屋さん。
まだあるのかなぁー。


結局Gさんにすすめられた、あんぱんも塩大福も「しばらくあんこ禁止令」を張らなくては、こりゃ糖尿病行きと思い・・・久々の鯛焼きで大満足していた私は、次回に延期。
甘いものの分今日は無駄に動いてカロリーを消費せねば。
これから立ってDVD見ようかなぁ・・・。

お持ち帰りしたお芋と一緒であたたかかった。。。。
快く休日の午後突然の訪問を受け入れてくださってうれしかったのと同時に、街で見かけるおばちゃんやおばあちゃんが、自分の母やおばあちゃんと重なり今日は電話したくなった。


電話しよ。
早く電話しなきゃ、夜が早いんだよね・・・。

※この日記はミクシィにものせています
page top
ダッキーダック。
久々に行ったダッキーダック。

実は大学の頃よく池袋のメトポリにあるダッキーに行っていて
甘いものに目がない私は、もともとあそこの「シフォンケーキ」等ケーキが好きで。
そして「ラッキーダッキー?なんとか券」っていう券が30枚もたまっていて、それが引越した時に思いがけずでてきた。

HPを見てみたら、そんなものはとっくの昔になくなってしまっているようなのだが、どなたか個人のHPで方でポイントカードに変更してもらったという記述があるのを発見。

先日、早速東和フードサービスにメールをした。
そしたらすぐに丁寧な回答が帰って来た。
「 お問合せを頂きました件についてですが、
  現在はポイントカードに移行をしております。
  しかし、せっかくお貯め頂いたものですので
  ポイントカードにお取替えを致します。
  但し、カードの存在を知らない従業員も多いので
  店舗責任者に直接お尋ね下されば 対応をさせて頂きますので
  是非、お近くの店舗までお越し頂ければと存じます。
  今後とも弊社店舗を宜しくお願いを申し上げます。  」


それで、本日お一人様ダッキー。
ホントは平日に行きたかったんだけど、時間がなく休日になっちゃった。

柏高島屋店のレストラン街。
もちろん祝日の今日はランチ行列。
お一人様としては肩身が狭いが、まぁここは「地元」なんだし、堂々としてるが勝ち。


なんと
30枚が1,000円×2枚のお食事券に変わった!!
ラッキー!!
(関係ないが、今「お食事券」と思わず一気に打ったら「汚職事件」とでてきてしまった・・・アホ!!)


しかも対応していただいた店長さんすごくいい人で、ファンになりそう。
あそこはサービスがよい。
今になって改めて発見した。

客に対する態度って大切。
日本にずーっといる時はあんまり気づかなかったが
それでももともとバイトでウェイトレスやってたので
客とのコミュ二ケーションや敬語、料理の差しだしかたが妙に気になったりしていた。
でも大体の日本のお店はいい方だし。

中国・・・
話にならないから、店員の対応がいいと特にファンになってしまう。
指は入るし、「A卓」みたいな紙切れはのったままだし
(「これは○○シェフがつくりました」っていう証明ってこともある。文句がつけやすいでしょ?・・・中国っぽい!!)

この間Aさんと行った池袋の南口のある店は、おいしいんだけど、店員がまか不思議さんだったので、ちょっと痛かった。
(相当天然な人は、ウェイトレスには向かないと思う・・・)
店評価マイナスポイント!!


ダッキーの柏店の店員は
会計の時、高校生にもしっかりアタマを下げていた。
まぁ当たり前なのだが、きっとそういう教育が全体でしっかりとしているんだろう。

・・・もしくは店長さんがすばらしい?!
ウチは私達バイト間の教育でしたが・・・あと人柄?!
・・・いやいやあの店はトップの指導ってことにしておこう。


チェーン店だからという理由で遠のいていたが、味もおいしいし(特にケーキ)またこれから常連になろー。
20日はケーキ20%オフー!!
先日のブルーな気分から一転。
女はケーキで幸せになるー。

※この記事はミクシィにも掲載しています。
page top
感涙。
今日、桜井さんが大好きな方たちのあつまるサイトにて、
オフィシャルサイトにて『しるし』のプロモが見れることをタロッコさんが書いていて知る。

http://www.mrchildren.jp/

「 ダーリンダーリン 
  いろんな角度からキミを見てきた
  共に生きれない日が来たって 
  どうせ愛してしまうと思うんだ 」


どうせ愛してしまうんだ・・のところで桜井さんの手がやりきれない思いを伝えようとしているところに力強さを感じた。切なさを感じた。

プロモでは歌詞をはっきり聞き取れないし、その上
全フレーズを聞いていいないので分からないけれど
これは「くるみ」とワンセット。
くるみは前へ進もうとしている曲。
つい最近「くるみ」に自分の最近の心境を重ねていたので、なおさらこの曲へも親しみがわく。
早く全部聞きたい。


快く前になんて進めるわけがない。
たとえ、別れが客観的には正しかったって思えても。
嫌いになれればどんなにか楽なのに。
嫌いになる要素は沢山持ってるはずなのに。



関止めの堤防が崩れると一気にくる・・・

最近落ち着いた日々を過していた。
自分の予定はけっこう振り回されているのだが
ようやく道がうっすらと見えてきたし
のびのびにはなってるものの、ようやくおおまかなスケジュールはたった。

予定が決まらない不安の中でどうにかしちゃったかな。
ちょっとしたきっかけが、すごく痛い。
今日もそろそろ桜井さんに夢にでてきてもらわんといかんかな。


もう早く出てしまいたい。
変わることは当然のこと、そして切ないこと。
変わらなきゃ成長できない。
どこかに逃げ場をつくりたくても、今の私にはない。
「帰る場所」にはそれぞれ私の入りきれない部分があって、
流れた時間があって・・・
それは全てにおいてそうなんだ。


こう思うって分かってたから早く行きたかったんだ。



明日はもっと楽しい日記書けるはず。
それが桜井さんや友達からもらえるパワーだから。


※この記事はミクシィにものせています。
© すい's BLOG. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。