何気ないところに小さな幸せが・・・。そんな日常を「徒然なるままに」語ってます。   
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
本屋に住みたい!!@広島帰省 第1日目
相変わらず朝一飛行機で帰っちゃいました。
4:47柏発。
そうすると、午前中のうちに広島について
午後がまるまる有益に使えるので。

にしても、毎年飛行機に乗っていればわかりそうなものなのに
どうしてギリギリに来る人がいるんだろう。
毎年混雑するでしょー。
おかげで恒例30分以上の遅延。
ジョーシキのない日本人が多くて困る。。。


街へ買い物へ行くと、ジュンクドーができていた。
広くはないけれど
最近新書を買っていなかったので
新書でも買おうと新書コーナーへ。
そしたらあるわあるわで、手にとった本計5冊。
気がついたら一時間たってました。
みるとすべて中国関連本。
話題の「女性の品格」も立ち読みしたけれど
結局はこうなっていた。
(うさんくさい本だと思っていたら、
けっこう正論を書いていらっしゃいました。参考になります。)

お母さんが急用でとんぼ返りし
待ってる間にふらっと立ち寄った本屋。
気がつくと一時間。
「まぁ、家にもたくさんよんどらん本あったでしょ~」と言われながら
それでも私はこれも、あれも、あそこのも読みたくて。。。。
ここに住みたいなぁ。。。



最近せっかくの座れる通勤時間も
疲れで睡眠時間に変わっていた。
本が読みた~いの欲望と睡魔のハザマでゆれ
睡魔に襲われぐっすりの一時間。
本のペースが遅くなっていた。


どうやら天気予報をみると
広島は雪の年越しになりそうです。
あったんだよね~10年位前に。。。
わんこのように、雪が待ち遠しい。
でも、寒い寒い。。。80デニールのタイツ登場だな。
寒いみたいだし、おこたにみかんで
読書の年越しになりそうだ。

スポンサーサイト
page top
クリスマス中のクリスマス
昨日初めてクリスマスにケンタッキーに行った。

予想できたと言えばそうだけど、一柏のケンタッキーで
30分以上待ちの列ができていた。
もちろん賢い人は予約している。


ケンタッキーって、その袋を持っているだけで
香りがぷ~~ん。
お肉が好きで好きでたまらないわけではないが
むしろブーちゃんの方が私は好きだが
でも、マックと一緒でたま~~~にあのにおいをクンクンすると
ついつい食べたくなる。


かれこれ15年くらい前。。。
私が中学生?の頃は広島では町中にしかケンタッキーがなかった。
いや、ちょっと違うか。
私が住んできた団地にはなく
さらに言えば、その後住んだ「市電」の目の前にはケンタがなかった。
ともかく多くの人が、町の中心部でケンタの袋を抱えてバスにのり~、
電車に乗って帰っていった。

通学路のバスの上から見えるケンタ。
まだツイスターが発売されていない時代。
バスでの帰り道、おじさんがケンタのファミリーパックを抱えていると
匂うわ匂うわで、、、、う~ん食欲旺盛な若者の私は
よく食べたくなっていた。

でも我が家はママと二人。
ほとんどケンタをお家で食べた記憶がない。
クリスマスには、お好み焼きでしょ~。
(ともかくお好み焼き好きの我が家。。。)


そんな話をダーリンに話すと
確かに最寄駅に昔はなかったよね、、、という話になった。
昔は5,6個はぺろりだったと言っていた彼は
昨日3個のチキンをたいらげた。
加えてケーキ。
二人ではちょっとばかし大きすぎたケーキにお互い胃もたれ。。。。


これぞクリスマスらしい胃もたれだから
いいとするか。
今日の夕飯もケーキなのだ。。
page top
思わぬ反響をどうもです。。。
前々回の帯状疱疹。。大分よくなってきました。
ふらっと日記したら、思わぬ反響があり
いろんな方にご心配いただきました。
ありがとうございます!!

かなりひどい帯状疱疹をご経験した方は
顔に症状が出たとか。
私は腰に近い背中だけで転移しませんでした。
もうほぼ治りそうな感じです。
ただ治りかけに激痛が・・・とのうわさもあるので
ぬくぬくして、のんびり日中はしてようかなぁと思ってます。
でも忘年会続きなのはかわりなしですが。。。
とりあえず心配だった、よい子たちに移していないか、、、の点
肌の接触は小さなよい子とはしていないので
大丈夫だろう。。


三連休なのに、
今日も雨。
仕方ないから、年賀状作業。
いや結構毎年このクリスマス週末は
年賀状作業に追われるのが私の定番。

にしてもこの雨降ってるんだか
止んでいるんだかわからない微妙な天気
なんとかして欲しいな。
いつも洗濯をしている斜め前の御宅も
昨日今日は洗濯お休み。
いつも沢山洗濯物が斜め後ろの我が家から見えるので
きっと晴れの日を心待ちしていることだろう(と勝手な想像)

Merry Christmas!
聖誕節快楽!


さて、出張先のダーリンは戻ってこれるのか
ケーキ先に食べちゃうぞ~。
(まだどこのケーキにするか決めてないけれど)
page top
幕末の志士に浸る
なんてタイトルをつけてしまった。
嫌がらずに読んでください。

私は日本史の中では一番幕末が好き。
司馬遼太郎が特に好きで、多くの志士の話を読んだが
やはり一番は「竜馬がゆく」だろうか。
全8巻を二回読みました。

竜馬はともかく、最近新たな発見が。
今日は真面目にそんなことを日記します。

最近、司馬遼太郎著の「人間というもの」という本を読んだ。
内容はご本人の著作の中で、それぞれの人物が語るい~言葉を集めたもので
自分に酔ったか?司馬遼太郎。。。なんて感想ももっちゃいそうだけど
それでもその人物の人となりや
発言は感心させられるものが多く、
新たな発見もあった。


まずは吉田松陰。
ご存知、安政の大獄で処刑されてしまう志士達の先生的存在。
私は吉田松陰について書かれた著書をまだ読んでいない。
高杉晋作や伊藤博文やら、とにかく優秀な人材を輩出している松下村塾だけど、
彼らのえらい先生、、、くらいにしか思っていなかった。

実家が広島な為に、小学校の修学旅行でも萩を訪れた。
そして松下村塾跡も見てきた。
多分ガイドさんからたくさんの説明も聞いたはず、それでも
「ふ~ん」の世界だった。
「こころざし」も「しし」の言葉も小学生の私には?!な部分だったかも。

彼のひととなりは、こんな感じ。


  大いなる義とは、仲間との約束をまもるということであろう。
  たかが知れた約束ではないかとあるいはひとはいうであろう。
  しかし松蔭というこの純粋思考の徒にすれば、その程度の約束すらまもれず、
  その程度の義さえおこなえない人間に何ができるか、と、深刻に考えている。
  松蔭はつねにこうであった。松蔭はさらにいった。

  「自分はちかごろこう思っている。志操と思想をいよいよ研ぎ、いよいよするどくしたい。
   その志と思いをもって一世を跨らんとしている。それが成功するせぬは、
   もとより問うところではない。
   それによって世から謗られようとほめられようと、自分に関することではない。
   自分は志をもつ。志士の貴ぶところは何であろう、
   心をたかく清らかに聳えさせて自らを成すことではないか」
  
                       『世に棲む日日 一』より


う~ん、共感。
小さなことでも大切。
登場が少し早すぎた。
でも彼の登場によって、多くの志士の基礎がつくられた。
彼は亡くなるが、後の世代が彼の理想を現実化した。
まさに後世に残る名だった。

志の意義。
私は別に後世に名前を残したいわけではない。
その社会貢献度(って言葉は嫌いだけど)がすごいなぁと思った。
見習いたい。
私も早く貢献したい。
「心をたかく清らかに聳えさせて自らを成す」


調子にのってもう一文。
お気に入りの「竜馬がゆく」より
これを竜馬がいった言葉ととるのは微妙だけど
司馬遼太郎によって描かれた竜馬の
言動は彼の性格をよく現していると思う。
当時としては意表をついた行動だが
その彼の中には一筋があり、志であった。


  「竜馬は、議論しない。
   議論などは、よほど重大なときでないかぎり、してはならぬ、
   と自分にいいきかせている。
    
   もし議論に勝ったとせよ。
   
   相手の名誉をうばうだけのことである。
   通常、人間は議論に負けても自分の所論や生き方を変えぬ生きものだし、
   負けたあと、持つのは、負けた恨みだけである。」

                       『竜馬がゆく』より



昔、読んでいてはっととめた言葉ではないけれど
ちょうど竜馬が幕末に奔走していた年齢に近づき
私もこう思う。
もちろん「重大なとき」は議論するけれど。


もっと学ぶヒントが隠されていそう。
来年は「世に棲む日日」読もうかなぁ。
page top
帯状疱疹
に、なってしまいました。。。

帯状疱疹とは、水ボウソウの一種で
・・・というとめちゃめちゃすごい病気みたいだけど
もともと誰でももっているものが
何かの拍子に、免疫が下がった時に皮膚に帯状にでてくるものだとか。
(水ぼうそうをやってない方で、ここ1週間に私に接した方、、、
 私の確認した限りでは大丈夫そうだけど
 元気でしょうか。。。。。)

おそらく、冬の乾燥と急な仕事の忙しさだと思う。
肌は強い方ではないけれど、
まさかね~とびっくり。


それもそのはず、あせもだと思っていたから。。。


以前、同じようなボツボツができて
病院にいったら
さっぱりと「あ~これね、あせもよ。。」と
断言された。
私はへんな虫にでも噛まれたと心配していたのに
とりこし苦労だったのだ。

今回も素人目には同じあせもに見えたので
あせもと勝手に思い込んでいた。
背中のちょうどカイロがあたる位置付近だったので。。。
前回もらったもの薬が余っていた為、使っていた。
一週間たっても治らず、
「????!!!!」という状態になってしまったので
ちょっと心配になり、病院へ。
早期発見とはいかなかったけど、
年越し頃には治るようなので、ひと安心。

帯状疱疹の病気の案内にもかいてあったけど
「素人判断」をしてはダメなんだね。
つくづく、お医者さんってすごいなぁと思った。
新しい薬を塗りはじめて1日
なんだかよくなってる気がします。


皆さんも年の瀬の多忙の中、
体調管理には注意しましょう。
無理は禁物!!!


page top
家族
母とスカイプしようと思っていたら
母が叔父の実家、指宿に行っていた。
叔父のお兄さんが亡くなったとか、、、しかも白血病。

よく話題にしていた広島に来たついでに
カープ&巨人戦の試合を毎回みると言ってた
あの叔父さんのことだろうか?
まぁ詳しくはまた聞けばいい。
あまりに突然?な気がして、びっくりした。
叔父さんのことが心配だ。


私の年賀状はどうすればいいか。。
喪中?
でも母が一緒に暮らしている叔父さんのお兄さんとはいえ
私は一度も会った事ない人だし。。。


私には合計4人の父母がいることは、ここでも何度か書いている。
4人に愛され、とても幸せだ。
若かりし頃は(っていっても20代前半の話だが)どうも受け入れられず
複雑な心境だったが、
もうすでに私も一人暮らし歴10年以上の身だし
親の人生は親の人生何でもありだし、
第一、愛情を倍受けられるなんてこの上ない幸せものだと思っている。
既に両親が他界されてしまった方にとっては
とてもうらやましい話だろう。
私のそう思っている。


ただ、ふと「家族」を考える時がある。
実の父・母はともかく
私は継父・継母の親戚とは付き合いがない。
(正確に言えば、実の父の親戚もほとんど交流がない)
母が指宿に、父が中国で
それぞれの家族と過している話を聞くと
少々寂しい気持ちになる。
それは私の知らない母、父の姿。
とは言え私が「不願意(望まない)」領域でもある。
もちろん、父母は私が会いたいと言えば
welcomeだろうけど
私はもうオトナになってから家族が増えているわけで
自立した成人なわけで
日々、もう自分の世代は自分で家族を築く世代なんだと
感じてしまう。

そんな時は、妙にぬくもりが欲しくなる。
カエルのケロたん様を抱っこしているだけでは
やはり満たされず、
隣にいてくれるだけでいいから、人間のぬくもりが欲しくなる。


幸い、明日は久々にダーリンと一日一緒。
この土日のうち一日でもずーっと一緒にいられるのって
果たして何日ぶりだろう。


彼はいつも朝早くにやってくる。


デート場所で待ち合わせではなく
まずはウチにやってくる。
ホントに何時に起きてやってきたの?!って時間にベルが鳴る。
「とにかく早く会いたいから」が理由らしい。
確かに一緒に住んでいれば、隣にいるのが当たり前で
この「早く会いたい」の気持ちを感じることが少なくなる。
だから、今じっくり味わってたいとか。
今日は終電で出張先から戻っているはず。
ホントにアタマが下がります。


なんだか彼のペースだけど
それもそれだと、この頃思う。
何かの局面に立った時の彼のアドバイスは的確だし
それは沢山のケースを見てきた証拠だなぁと、とても感心。
やっぱり頼りになる人が側にいてくれるって心強い。
せめて若輩者の私は、昨日の日記の植物ではないけれど
彼のオアシスになれるように
明日は寝ぼけ笑顔で彼を迎えよう。




page top
シクラメン
先日会社にシクラメンが届いた。
まぁ言ってみればお歳暮の一種なんだが
園芸部の一員としては、大切に育てる植物が増えたわけだ。

ところが今朝、会社にいくと
窓際においておいたシクラメンさんがクターってなっていた。

「それで、今回の報告で・・・・・」と
上司に報告をしている最中にふと窓際を見て発覚。
「うわっ!!!!」
シクラメンがチャキッっと上に伸びていなく、四方に花がだらーっと。
水不足?!環境の変化に途惑った?!
もとより人から頂いたものを枯らすなんてもってのほか。


でも心配無用だった。

シクラメンはもともと日が当たりすぎるところは好まないとか。
この部屋は朝日がかなり強いので
窓際では温度がぐぐっと上がるのだろう。
あたたかいところを好むミリオンバンブーちゃんや、胡蝶蘭さんとは
別の場所に設置。
お水をやってしばらくすると、きちんとシャッとなっていた。


植物ってすごいと思う。
自分で行き先は決められないが
その与えられた場所で、運命の場所で
精一杯頑張っている。
マッキーのつくったあの歌ではないが
そんなひたむきさが、エアープラントでも枯らしてしまった私を
なんだか変えてくれた気がする。
でも自分で動けないから、世話をしてあげないといけない。
ゴメンネぇ。。シクラメンちゃん。


癒し。
ホントに植物って話しかけてやると育つ。
昔小さなセントポーリアに話しかけていた母の姿を思い出す。

page top
最近どうも鍋じみている。

いい、鍋大好きだから。
昨日も鍋。
今晩も鍋の予定。
でもこれからちょっぴり残業だから、
てきとーに外食になる可能性もアリ。


お家にも鍋を買った。
実家から一人用土鍋は持ってきていたが
お粥やおうどんを作る時しか使えず
何よりもコンロがなかったから
昨年はガスの上で立って一人豆乳鍋をしていた(さびしー。。。)


実家でよく食べていた鍋は、実はしゃぶしゃぶ。
あんまり寄せ鍋とか広島だから牡蠣の土手鍋をやったという
記憶がない。
ともかく最後の雑炊が好きで
どちらかというと私は汁が少ないタイプが好きだから
ぐつぐつにしちゃうんだけど。

昔はあんまりレパートリーもなかった。
豆乳鍋とかコラーゲン鍋とか。。。まぁなかったなぁ。
それで味の変化も楽しめるし
ますます身近になったのかもしれない。

昔は鍋は大人数でつつくというイメージもあった。
前は母と二人だったので、
どうもたくさんぐつぐつは無理だったし
↑しゃぶしゃぶどまりだったのかも。


鍋はどこの地域にもある。
中国でもたくさん食べた。
みんなで同じものつついて、
分け合って、
幸せも一緒に分け合っているようで楽しい。
火鍋は私は好きではないが、
海南島でしょちゅうみかちゃんと食べてたあの魚鍋。。。
どうにか食べたいなぁ(魚はおいしくない淡水魚)


鍋、鍋、鍋~。
う~ん、今日は延期かなぁ。


page top
JDP祝1歳
ど~も帰っても食欲がなく
冷蔵庫に常備している
お気に入りの小岩井のカマンベールチーズ見るとびっくり!!
黄色カビが。。。
最近食べてなかったからなぁ。。。
でも重症じゃないので、ちょぴっと処分で食せました。


食欲がないのは当然。
今日は17時半から、会社の1歳の誕生日会だった。
シャンパンをあけて、簡単なオードブルをつまんでいた。

この一年間いろんなことがあった。
ちょっとしたお手伝いが一年たってしまい
香港行くと年賀状で宣言しているわりには
しっかり日本で盆を過し、クリスマスも近づこうとしている。
人生設計を変えたとたん、ダーリンに出会って
追いかけられているうちに居心地がよい相手に変わった。
昨年は一人でビックカメラでシャンパンを買い込んで
寂しく?いや楽しく帰宅したが
今年は沢山は飲めないけれど、
一緒に酔いつぶれてくれる相手が出来た。

え~会社って2人代表者だけだとできないの~と・・・
取締役にいきなりなり
個人情報でまくりだった一年間。
でもこちらもちょっとで退任できそう。
もしかして私の住民票を取るたびに
柏の市役所に足を運んでいただいていたのかも?
と思うと、ご苦労様といった感じか。

仕事的にも、なんでもやらなくてはいけなくて
結構いろんなことに顔を出した。
ことのほか、AMの専門用語よりも
なぜかITの話にだんだんついていけるようになったりして。。
(まだまだか。。)

いろんなことがあった。
だんだんママみたいな気持ちになってきて
会社に愛着がわいてきた。

これといって愛社精神なんて
教養されたことはなかったが
生まれて、はいはいして、つたい立ちして
今幼稚園くらいにはいけた感じか。。。
いやいや、話によると天才少年のようで
小学校は飛び級しちゃうかもしれない(?!)


ともかく、皆さまお疲れさまでした。


まだまだやることいっぱいで
まずは難航しているお引越し業務か。。。
それにしても今日のMTGは酷だった。
嗚呼、ゼネコンさんだ。
愚痴ったところで、はじまらない。
あとは一つ一つこちらはチームワークでもれなくやるのみか。。

その後シャンパンがまわったせいで
余計に仕事に時間がかかってしまった。
すぱっと帰ればよかったかな。


page top
初心
今日は再び立教のツリーを見に行った
木曜日に北京でお世話になっていた元ホストパパと
池袋でご飯を食べた。
その前に、せっかくだからと母校のツリーを見せた。
そしたらなんと、今年はいちょうとツリーが同時!!

元立教生だと分かるだろう。
本来の順序は「いちょう→ツリー」の順。
入り口の大きないちょうが真黄色なってから冬を迎え
12月の点灯式。
カメラを持ち合わせていなかったので、
ついつい今日来てしまった。
本日の忘年会が池袋で開催されたことに感謝。


大好きないちょうをもう一度見たかった。
初心にもう一度帰りたかった。


昨日、友人から説教をされた。
説教という言葉は御幣があるかもしれない。
母親のように注意されたという感じだろうか。
人生を全否定されたわけではないが
そんな気持ちになってしまうような、強い口調だった。
当然私は冷静ではいられず、反論。
彼女の言っていたこと、一理あることもあった。
それでも「前は」「前なら」の言葉が気になり
私の成長が止まっているとまで言われた。
それが正しければ、私はこんな健康に楽しく過していない。
いろいろと充実した毎日を送る私の生き様を否定されたので
全く意表をつく指摘だった。


最近、彼女ことことあるごとに衝突する。
普段から敵を作るタイプではない八方美人の私と
物事をはっきりと言う彼女。
友達とは何ぞや、、、
もちろん言いたいことをはっきりと言える環境は
すばらしいことだと思う。
それは当然、相手の気持ちに立って言うのが道理ではないか?
やさしさは正直感じられなかった。

ともかく最近ずっと気になっていたから
この機会にはっきりと物申すと。。。
一方的で、それを果たして愛のムチと言うかは
甚だ疑問な主張だった。

彼女のこうあって欲しいを
私は目指しているわけではない。
以前は共感してもらえた将来の目標を
追いかけ続けていたすいが「正」で
今人生模索しているすいの姿勢が「負」だとは思えない。

わかりあえると思った。
私は愛し続けようと思っている。
でも、ともかく今の私が気に入らないのなら
無理してもらう必要もないし
こっちも無理したくない。
それはお互いサマだろう。

何が正しいかなんて、誰が決める?
模索しているからこそ
はっきり出来ない今があるからこそ
応援するのが友達なんじゃないの?

私の気持ちが離れている
本当の理由に気付いて欲しかったが、もう無理だろう。
私だけを離したいのなら、私はそれでいいが。
今は決して交わることはないだろう。


今日、大学で先輩と話していたらすっきりした。
おかげでいい買い物ができた。
(先輩ありがとう。)
無理することはない。
苦しい思いまでして、なんで頑張る?
そう思うと楽になった。


あっ、でも彼女に言われたからではないが
来年の一言も「有言実行」で。
今年はちゃんとウミョンに会いに行った。
実行1。
半年に一回は海外
実行2。

来年は、映像翻訳家の門をくぐること
英語の勉強を開始すること
通勤時間の朝もちゃんと読書すること
そして引き続き・・・人にやさしくなること

目標多すぎかな。
でも頑張ろう。
page top
抜け殻
忙しい!!!

結局、一週間日記を書く暇がなく過ぎ去った。
それもそのはず、年の瀬のお仕事が満載だったのと
前から聞いていた父の関係する会社の中国事業が動き出した為
その資料の翻訳など、、、とにかく走りまくった一週間だった。

土曜、日曜日はのんびりと。。。
と言いたいところだったけど
今後のスケジュールも考え、ダーリンにつかまらないうちに
(またもや出張中。ご苦労様)
美容院&カイロというそれぞれまる半日がつぶれる行事を
本日こなしてみた。

カイロに時間がかかるのは、家から遠い為。
東京縦断して、上板橋まで。
美容院に時間がかかるのは、どの女性も一緒。
ちょっと疲れるが雑誌を読み漁る楽しみもあり
キレイにもなれるし、
新年を前に、リフレッシュするのもよいだろう。


本日、美容院にていつも担当してくれるお兄さんから

「あっ、そういえば年末年始の案内を
 恐らく練馬の住所の方に出してしまっていたようなんですけど
 柏に引越されましたよね?」と。。。

え????
まだ住所変更していなかったっけ?
きっちり潰して変更をかけていたはずなのに。。。
私としたことが。
彼の気持ちになってみれば
その名前宛の葉書が来るたびに嫌な気持ちになるだろうし
私なら辛い。。。
一緒に暮らした家を去った私はよいが
抜け殻だけを残された彼は、もうとっくに思い出さない頃に
ふっと葉書が届くと、思い出し
きっと彼の性格だと、今はプチ切れしているところだろうか。。。

悪いなぁ~と思いつつ
どうしようもなくて、ともかく心苦しかった。


新しい想い出が自然と増えてきた。
それはお互いだと望んでいる。
今までに好きになった、一緒に過した人の幸せを
祈るきっかけでした。









© すい's BLOG. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。