何気ないところに小さな幸せが・・・。そんな日常を「徒然なるままに」語ってます。   
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
またまたありました。
ずいぶん前に大陸から下げて帰った
「末代皇妃」というドラマを見始めた。
ホント、ずーっと在庫状態だったが
ようやく手をつけることが出来た。

これ、清朝最後の皇帝溥儀と
その皇后ヨウエンと皇妃ウェンシュウの
紫禁城を去ってからのお話。
時代は、満州国建国ちょっと前、民国20年からスタート。
主人公はウェンシュウ。
このウェンシュウって人、私はあまり馴染みなかったんだけど
どうも幸せな側室生活を送っていたわけではなく
結局、離婚を望み
将来的に溥儀の元から離れることとなる。

このドラマでウェンシュウを、とても美しい女性(蒋勤勤)が演じているけれど
一部の情報では、ヨウエンは美人だったけど
ウェンシュウは・・・だったという話も。
実際私もネットでいろいろ調べていたら
確かに美人とは言いがたい感じの方でした。
「蒼穹の昴」にも確かそういった話が出てきていたような。。。

ともかく、可愛そうな人です。
もう一人やはり可愛そうなのが、私は溥儀だと思う。
日本の接近、そして誘惑、
側室には離婚を望まれ(彼が悪いのだろうが)
何を信じていいのやら、、、と四面楚歌だと本人も語っていた。(第5話)

さておき、
ドラマには、川島芳子が登場します。
彼女は粛親王の第十四番目のお姫さま。
よって中国人なんだけれど
1911年10月に辛亥革命が勃発。
溥儀が退位し、袁世凱を大統領とする共和制国家である中華民国が設立すると、
粛親王は川島浪速の手引きで北京を脱出し旅順に渡る。
まぁそんなこんなで日本と接近していった粛親王は
第十四王女を川島家の養女とする。
その後彼女は日本で小学校から高校までをすごし
日本語と中国語をあやつる「男装の麗人」となる。

なぜに男装なのかは、いろいろな説があるが
実父粛親王が死亡後、17歳で自殺未遂事件を起こし断髪、男装となったとか。

このドラマで芳子を演じているのは中国人。
彼女は既に日本関東軍の参謀?
とあるシーンで、彼女の一室(壁は真っ赤)で書物を書いているところに
水野とかいう軍人が赴任してきて彼女に挨拶をしている。
それに対し、彼女は

いきなり
「脱げ」という。

そこまではよかった。
日本語一言なので。
その後。

「メイレイヲシタガワナイト!」

水野
「服脱ぐんですか?」
この人は日本人ですね。。。

「ボクタチハテイコクノグンジンデース
 グントーでタタカワナイ
 アタマデタタカウ
 ワカッタカァ~?」

正しく書くと
「我々は帝国の軍人だ。
軍刀で戦うのではない。
頭で戦うのだ。
分かったか?」

とくにワカッタカァ~が痛くて
威厳ナシ。
結局、日本の軍服を脱がして
普通のスーツに着替えさせ
秘密工作に携わるという設定だったけど
彼女が「これからは特殊任務の為、中国語で会話をする」って
言ってるけれど
むしろ中国で特殊任務なら、日本語の方が都合がいいような気がするが
そりゃ君、俳優の都合だろう、、とつっこみをいれたくなるのだった。
こりゃいかん、この言葉。

日本に10年近くいた中国人の人の
日本語じゃない。。。
なんとかしてくれ~。


まっ、慣れっこだけど。


ドラマの中国語は、耳で聞きとるだけでは難しい皇宮語。
「朕は・・・・」って
日本の時代劇を見てても分かりにくいのに
ただでさえ、まわりくどい言葉まわし。
少々勉強。
宦官達の「ちゃー」っている。相槌はよく聞いていいたけれど
お妃たちは自分のこと「うぇんしゅうは・・・」と名前を主語に語るのね。
なんだか子供っぽいなぁ。。。

明日も見よう~。
あっ、篤姫も見なきゃ。
スポンサーサイト
page top
イメージ違い?!
通販というのは、やはりイメージと違っていることが多い。
今までは絶対洋服は買わないようにしていたけれど
とあるメーカーのとあるシャツを購入するとジャストサイズだったので
その後よく利用させてもらっていた。

今回、格安価格でジャージスーツを購入。
女性の方は分かっていただけると思いますが、
「ジャージ」ではなく、「ジャージ素材」のスーツで
しわができず、簡単で最近女性の間で人気の子です。

念入りにサイズをチェックして
自分の持っているスーツとチェックして
入るかなぁ~、パツパツにならないかなぁ~と心配しながら
サイズ検討。
スカートはヒップハングなので、
まぁパツパツは問題ないだろうと、確定。

しかし。。。。結果。
ジャケットはジャストサイズで大成功。
スカートがなんと、大きかった。。。


正確に言うと、大きかったのではなく
「長かった」
ちょっとだぼだぼだったけれど
それはまだOK。
写真のモデルさんは、そんなに大きくなかったのに。。。
モデルさんはひざで終わっているスカートたけが
私はひざ下10センチ。。。

まさにスカートが歩いているようで、びみょーであった。



返品&交換要請。


ようは平均身長のアップということだろう。
平均身長はすでに160センチくらいなんだろう。
そりゃ、ひざ上もひざ下も長くなるわけだ。

チビぽちゃには
悲しい時代となりました。

ここのメーカーのは好きだし
次に買うときも注意しないとなぁ。。。





page top
嵐の一週間
「お薬づけ」からしばらく日記を書いていませんでしたが
決して、入院していたとか寝込んでいたということはありません。
けっこうピンピンしております。

お薬の効果がけっこうあったのか
アトピーさんとは3日目にバイバイ。
それ以降の薬はとめました。
いやいや、まだまだ健在です。
たしかにこれぞ最近の様子は「前厄」によるもの
だったかもしれないなぁ。

そんなことをしているうちに
会社でVIPの来日が急に決まったり
父から資料の翻訳を頼まれたり、、、、と
息つくヒマもない間に1週間以上が過ぎていきました。


気がつけばもうすぐ6月なんですね。


5月から台風が日本のそばを通ったり
四川大地震の悲惨な状況や
?な怪奇現象が多い最近ですが
ホントに地球は大丈夫だろうか?!と心配になってしまう
この頃ですね。


ようやく余裕のある生活に戻れそうな予感。。。


あとはダーリンが早々と戻ってきてくれるのを願うだけですか。
ただいま遠征中。
ふつーに「デート」したいですわ。。




page top
お薬づけ
無事に中国の旅から帰ってきました。
ちょっとずつ遡りながら日記しておきます。


「無事」帰ってきたのだけど
その後、多忙さを極めたからか、それとも急につっ走ってしまったからか
風邪をひき、その挙句に今朝起きたら


手足に沢山の湿疹


実は昨日、MSNのHPを見ている時に
「中国の手足口病患者2万4千人を超える」
という記事を読んでいる時に、ちょうど自分の手の甲にも「?」な湿疹がみられ
「もしや?!いやまさかー」と感じていたが
時間がたつにつれて悪化。

もしや→まさに→感染?
なんて不安を抱いていた。

もともとアトピー用にもらっていたお薬と
ステロイド剤を塗って一晩を越す。

朝、やはり全身に飛び火。
もしやこれ、前の帯状疱疹とは違うよなぁ。。。なんて不安もよぎり
今日は病院に駆け込む。



「あー、これはアトピーだよ」


先生の一言。
あー手足なんとか病ではないのか。。
変な病気もって帰ってきてたらどうしようかと思っていた。
未だに信じられないが、こんなに全身に(特に手)アトピーが出たことは
子供の頃以来だし
ともかく今日は清潔にして、飲み薬飲んで
ちょっと強いステロイド剤をぬるしかない。

そういえば、のどが痛くてつらかった風邪の症状が
いつの間にかない。
要は、、、
親不知抜歯→腫れ→膿→点滴→旅行→大方治癒
→帰国後多忙→風邪→アトピー


何かが終わると、何かが始まり、、、
どうしたことだろうか?

最近どーもダメです。
病弱キャラになっている。。。。
全ては親不知からか?!


明日は安静にしています。。。




page top
最終日 胡さんと同日に日本へ
訪中している間、胡さんの日本訪問のニュースを沢山見た。

「暖春之旅」と題していたが
中国国内ではどうとらえられているのか、とても興味を覚えた。


日本国内での現在の中国のイメージは最悪なのではないか?
そもそも餃子に続き、チベットの問題と
悪い印象ばかりが先行する。
成田を経った日、北京行きの飛行機もガラガラ。
草の根交流をすすめるものとしては、
とても寂しい現状である。

やはり、「食べ物」の問題は大きい。
察するに「森永事件」や「雪印」の件で
企業のイメージがダウンした際に
そこから這い上がってくるのは、並大抵のことではなかっただろう。

そこに拍車をかけて、チベット問題。
中国は他民族国家の為に、こういった民族問題は
他国でも見られるケースだという主張もあるだろうが。
真相は闇。
国内に滞在中、このニュースは当然見かけることはなかった。

まさにこんな悪状況が揃った中で
訪中を断行したことの意味を考えたい。(延期になっていたようだが)
現在中国は国際社会の中で孤立しかけているわけで
オリンピックを前に、なんとか近隣諸国に理解を求めたいところだろう。
それだけ、日本との関係を重要視してくれてのことだろう。

前回、江沢民が来日したときは
とにかく「歴史問題」に触れることが多かった。
今回は、それには及べない理由が沢山あった。

政府によって連呼されている
「戦略的互恵関係」とは何か。
中国語でも同じ漢字で表現されていた。
それは、お互いが「WIN、WIN」になる関係だとか。
今様々な問題が根底にある中で
お互いのことを理解しあい、友好に努めていくこと。

番組では高村さんなど政治家のインタビューで特集を組まれていた。
加えて現状の日本のエコに対する意識や、先進ぶり
それだけでなくもう少し、
日本のナマの声を伝えて欲しかった。
(もしかして、私が見ていなかった日に特集していたかもだけど。。。)
明らかに中国側にとっては厳しい旅となるだろう。


北京の庶民が通う市場で見かけた
「産地表記」の白板。
中国でも安全問題には気にかけている。
みんなが同じ意識で向かっている。


何か、私に出来ることはないか、
何か、私がすべきことはないか。。。


それは日本を訪れる中国人の人たちが
日本に好印象を持って帰ってくれること。
そして、私も中国の「いい面」を紹介できること。
そして、問題にも向き合っていくこと。


課題がいっぱいだなぁ。。。



page top
第4日目 青島はヨットの会場です
青島という街は、聞いていた通り小さい町だ。

「観光名所」めがけて旅行にいく習慣のある中国人の友人には
「何しに行くの?」と聞かれていた。

目的は
「のんびりしたい」と
後から主目的になった「青島ビール博物館」

何もしなくてボーっとする日があってもいいと思っていた。


海辺近くのカフェでぼーーっと、青島ビールを抱えて
ずーっと読書でもよいと思っていた。
そして、夜はちょっとオシャレして、
高級ホテルのバーにでも行こうかなぁ・・・・と。


それはただの夢に終わった。。。。



あまりに「地方都市」だった。


海辺のカフェ、確かにあった。
でも、まわりがにぎやかで(みんな声がでかい)
とてもじゃないけれど、本を片手にこ一時間くらい、、、なんて気分になれない。
先日も書いたが、ビール街は田舎くささを感じるBARだらけ。
しばらく中国を離れ(しかも直近でいたの北京だし)
中国の地方都市のことを忘れていた。

ホテル。
ちょっくらのぞいてみたが
ドレスコートがういてしまいそうな、感じで
おとなしくお部屋にいることにした。


計画はちょっぴりくずれたけれど、
いつものように、歩いてステキな景色をめぐる旅。
道端にそんなにゴミが落ちていなく
なんとなく大連と同じ印象。
旧ドイツ租借地の色を未だに残していて
そこに共存する漢字文字がまた不思議な感じでよかった。

高台からの景色↓

machinami.jpg



夕暮れ時に、オリンピックのヨットの会場になる場所に行った。
ほのかに夕焼けが見れて、とても美しくてムード満点だった!!

yuugure.jpg


北京なんかよりも、よっぽどいい環境だわ。
もちろんここでポケーッと海を眺めてしまったのは、当然のこと。


一部はヨーロッパを旅している感じ。
一部は中国地方都市を旅している感じ。

それが、青島の魅力だろうか。



page top
第3日目 ビール博物館必見!!
これぞ青島訪問の最大の目的!!
(ふつーの人はラオ山とか言うんでしょうが。。。。)


青島ビール博物館


これぞ、ビール好きにはたまらない
ビール好きのための博物館。
私は「死ぬほど好き」というわけではないけれど
スポーツの後、風呂上り等、瞬間瞬間で味わうビールが好きで
まぁ、しいて言えば結局、「好きな部類」なんだろう。

旅行前日に、点滴までしてきたわけは
ともかく「お酒が平和に飲みたかった」から。
現在、まだ腫れはあるものの
膿は出きったようで
回復傾向のようなのでひとまずは安心。

青島ビール工場の中にあるこの博物館は
ここ数年で出来たばかり。
まさかビール博物館なんてあると思っていなかったので
予習中発見して、びっくりした。

この博物館への入館をわくわくさせるような、オブジェが入り口を迎えてくれた!!↓

P5040502.jpg


これ噴水です。
細かい芸!
ちゃんと青島ビールのラベル付。
ビール瓶の口からとばーっと水が出ていて
「キレイ」というか、「美しい」というか
思わず「かわいー」と叫んでしまった、一つの芸術作品。


期待膨らむ。


もともと、青島はドイツの租借地となった街。
ドイツの技術を受けたビール工場に
日本軍が占領中は日本の技術も加わり
現在に至る。
そんな歴史のお勉強から、ビールの作り方まで
内容も結構豊富。

「のんべいの館」(すい訳)

ならぬ変な小屋もあり。
ここに入ると、床が斜めになっていて
鏡との効果で、よっぱらいの様に千鳥足になってしまう。
遊び心もいっぱいの博物館なのだ。


入場券は50元。(800円弱)
中国の博物館の入場料としては高いほうだが
これに「試飲券」もついている。
ネットで調べてきた情報の通り
途中で試飲できるスペースがあった。
グラス一杯で、うーんうまい!!と満足していたら・・・・

全館見終わると↓

pijiu.jpg


ピッチャーが登場しました。。。
一人だからさすがにしなかったけれど
「おかわり!!」なんてことも出来そうな現場。
いやぁ、昼からほろ酔いで陽射しが強かった~。


ビール漬け、ビール漬け~。


昔、いとこのお家の近所に
「サントリー博物館」(だったっけ?)というところがあったが
子供心に楽しかった記憶があまりない。。

オトナが楽しめる博物館だなぁ。。。

しかし、青島名物の「ビール街」は
けっこう田舎臭~い感じで
思わず第2の故郷、海口で住んでいた近所の
BARがあつまるあの通りを思い浮かべた。
年中クリスマスの飾りがあるような感じです。。。。
夜もくりでてこようかなぁと思っていたけれど
なんとなく、いいやっと思ってしまった。


昼間のビールが似合う
海辺の街でした。
page top
第2日目 ホントにすごい汚染
空が真っ暗になりました。

2日目の朝は、びっくりするくらいの暗い朝。
起きたときはふつーの朝だったんだけど
移動中に急にまっくらになり
朝10時なのに、夜?!といった暗さになりました。


この雲は、おそらく「汚染雲」だろうと私は思った。


以前、広州に行った時
飛行機が着陸する前にものすごい厚い雲をようやくぬけて
空港に着いた。

「晴れている日はあんまりないんだよね」

と地元の笑い話のように話していたが
ホントにそれで、よいの?!


現在北京では、オリンピック前の建設ラッシュ。
先日も、雨に「泥」が混ざった雨が降ったとか。
それはヒロシマの黒い雨にも匹敵する
やはり「悪い」雨なのでしょう。


深刻だなぁと感じる。
間違っても
「環境汚染なんて、平気平気」
なんて言えない都市だ。


それでも、人々の関心は「エコ」に向いているようだ。
胡さんの訪日を前に
日本の特集を組んでいるテレビ番組を見たけれど
日本の家電量販店を取材した中央電視台の記者が

「日本の消費者は、新しい家電を買い換えるのに
 リサイクル料を払って買い換えます。」

とか

「商品を選ぶ際に、エコに配慮した商品が人気が高い。」点

「環境にやさしい素材を使った袋を量販店が扱っている」
ことを特集していた。

何事も一人一人の関心が向くことが大切。
千千がちゃんと食べ終わったアイスの袋を
ゴミ箱を探して捨てている辺りを見て
安心した。
以前、海南島での大学生の友達が、道端でゴミ箱を探す私に対し
「その辺においておけばいいわ」
と言ったのを聞いて、カルチャーショックを受けた。
人々の意識が変わってきていることも実感できた。


その、午前中の「暗黒」のせいで
飛行機が全て遅延。
17時半発の私の飛行機も同様。
飛行場につくと、飛ぶことすら分からない状況。(まず飛行機が到着していないので)

人でいっぱいの搭乗手続カウンター前↓

chien.jpg



人ごみにまぎれ、周りの中国人の方に協力してもらいながら
なんとか搭乗。
(こういう時、日本では大きくサインボードで情報を整理したり
 ひっきりなしにアナウンスを流してくれるが
 中国では口頭でささっというだけなので
 外国人の私には便名が聞き取りにくい。。。
 あれは、オリンピック前に改善した方がいいねー。)
 
3時間遅れで飛行機は出発。
ついたら23時過ぎ。
タクシーを飛ばしての青島到着。


さて、青島でもエコの芽を見ることができるのだろうか。。。。
page top
第1日目 なつかしの北京へ
空港がでかくなっていた。
第1から第3まであって、
その間をつなぐモノレールは「成田?!」に非常にそっくりなスタイル。
ここだけ見たら、まさに先進国そのもの。
力を入れていることがよく分かる。

それ以外の街の雰囲気は、特に変わらない街。
こころなし、マンションが増えたことと
オリンピック前の建設ラッシュで
めちゃめちゃ空気が悪かったことくらい。

2年前ホームステイしていた、先生のお家へ。
なにしろ当時4歳半だった、千千がもう6歳?!
ピアノなんかも習い始めて、すっかり小学生。
大きくなったものだ。
話す話題も大人顔負け。
自称動物博士の千千は、好きな科目は理科かな。
他の科目は「まぁまぁ好き」なんて答えていた。
そうそう、お土産の「靴下」も喜んでもらえた。



「直子、どっか行きたい場所ある?」

「いや、特には。ちらっと鳥の巣くらい見れれば。。」

「じゃあ、夜だね見に行こう。」



夜?!
なぜに夜なのかが疑問だったが、、、、

torinosu.jpg


ちょっとした観光名所になっているのです。。。今は。
お昼なんて時間に行ってしまっては、大変なことになるのです。
夕涼みに出かけてきてる人もいれば、車で乗り付けた人もいて、大混雑。


水立方(水泳会場)はキレイにとれましたっ。

mizurippou.jpg



翌日、夕方の出発。

別れ際には、「ゾウさんの絵」を交換。
先生曰く、「日本人は絵がうまい?」とか。
中国人の人たちは頭が固くて創造で絵を描くのが下手らしい
だから、日本では漫画文化が発展しているんだ~と話していた。

子供のころは漫画少女だったけれど
現在は事の外得意とでも思っていなかった絵をここまで誉められると
ついつい沢山書きたくなってしまう。

今は大切にオフィスの机に飾っています。
また次に会う頃は、大きくなってるんだろうなぁ~。
page top
旅行前日 ゴメンねダーリン
波乱の前日だった。

実は旅行の前日に点滴を打ちました。
おそらく、人生初の経験です。
親不知の抜歯後日談として、長く腫れが引かず、
その後なんかの拍子にどうやら化膿。
いったんは、しぼんできたはずの腫れが再び膨らみ
頬が風船のように痛いわ痛いわで
仕方なく病院に行くことに。

ヒルズ内の病院に駆け込んだら、
「明日から旅行?!」と驚かれ
「ここでは無理だけど、即効性のある点滴を打ってもらったら?」と
アドバイスされる。
強めの飲み薬を飲んだとしても、効き目が現れるのに3日くらいかかるとか。

と、言われ点滴を打ちに行ってきた。
ついでに「やっぱり膿がだまっていますね」と判定され
めちゃめちゃ痛い思いをして、膿を抜く。
慶応病院を紹介されたら、先生はみんな若い研修生。
慶応ボーイ達に囲まれて、お姉さんは楽しくて、、、せめてもの救いでした。。。

「膿」のせいで、血液検査もすることに。
結果によっては、感染性と判断され
旅行がドクターストップになる可能性もあった。


結果
「明日からの旅行は、医者としてはおすすめできませんね」


うーん、これは日本人的ダークな
どちらにでも解釈できる結果。
ドクターストップなら「行くな」となる。
ただし、行って何かあったら病院側は責任がとれない。
強制的に、次の日も予約をいれさせられる。


「それでも明日の診察にいらっしゃらなかった場合は
 あー、旅行に行かれたんだなぁ・・・ということで了解します。」
と先生。


結局、行っちゃった。
すごく迷った。
体はだるかったし、このままだったらどうしようという不安もあった。
会社に戻ったら、会社のみんなは大反対。
でも、せっかくの休みだし、どうにか行きたい。
口の中の「膿対策」がうめられたままの出国。
たしかに冒険ではあった。


実は、5月1日はダーリンのお誕生日。
昨年に引き続き、一緒に祝ってあげられなかった。


「5日間の旅行だし、大丈夫だよ。
 だってせっかく行くんだし、薬もらったでしょ?」

薬はヒルズの歯科でだしてもらった。
ダーリンの言葉に押されて出発することに。
慶応病院の診察を「ぶっち」した確信犯。


「天ぷらが食べたいなぁ。」
と言ってたダーリン。
今でも天ぷらがいいのかなぁ。
最近出張がちだし、いつお祝いが出来ることやら。。。






© すい's BLOG. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。