何気ないところに小さな幸せが・・・。そんな日常を「徒然なるままに」語ってます。   
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
紳士協定
「Gentleman's Agreement」
=「紳士協定」という映画を観た。
グレゴリー・ペック主演の名作だ。
もちろん名前こそ聞いたことあったが、未だ観ていなかった。
何かの雑誌ですすめていただろうか・・・思わず「500円DVD」で購入していた。

今晩、現在勉強中の字幕のスポッティングの参考にしようと思って
キムタク総理の後にスタートさせたのはよかったが
スポッティングを勉強するには
字幕が早いわー、遅いわーで初心者の私が見ても分かるてきとーさ。
“これなら私の方がうまく切れる”と思ったくらいだ。
まぁ 500円だし、よしとしようか。


1947年の作品
グレゴリー・ペックはジャーナリスト役で
編集長の命令で、反ユダヤ主義の記事を書くために
自らをユダヤ人と偽って取材をすることから始まる。
未だ根強く残っていた差別問題の核心に、友情や家族愛
恋愛が絡む、実にすばらしい映画だった。
まさかこんな作品とは、、、と観るまで思っていなかったので
思わぬ収穫がおおきかった。

しかるに、上記ユダヤの問題に関して私は
素人ではあるものの
差別問題をずっと高校生のときに扱ってきた。
当時は例えば在日朝鮮人の差別問題や
それだけでなく、平和問題を含めての研究、活動だったが
部活担当の先生の主張に従うまま
なんとなく「差別は絶対にいけないこと」そして
「リベラルな、世の中の為になるいいことをしているんだ」
という感はあるものの
心底よく分かっていなかった気がする。
(まぁ、主張の激しい先生だったので、衝突もよくした)

それが心底よく分かったのは
2005年からの中国留学。
「中日戦争勝利60周年」ということで
まぁそれは、逆風をたくさん感じた。
直接反日デモの被害にあい、何かを投げられたとかってわけではないが
現地で沢山見た、日本人の悪者軍人が横暴をふるうドラマや
たまに感じる「日本人です。」といった後の冷たーい空気。
もちろん、デモの報道なんてテレビでは見かけられない。
でもそのデモのはるか彼方の地に留学しながら
その見えない壁をたまに感じたものだった。
以前日記で語った「ワールドカップ出場国 日本の国旗、カフェに掲示ない事件」
もそうだろうか。

特にデモの絶頂期の中
韓国人の友人から「日本人といわないで、韓国人って言っていたら?」
と言われ「うん、そうだね」となるほどと思ってはみたものの
なんだか?と思い
「なぜ、ウソまでつく必要があるんだ?」
とすごく胸にモヤモヤがつかえたのを覚えている。


差別される側にたってみて初めて分かった。

それ故に記事を書こうとしたジャーナリストの視点
すごいと思った。
いけないことと分かっていながら、言葉の節々に差別感が見られる「文化人」も登場し
まさに、そうそう!とうなずいてしまった。
そんな映画を1947年に描いてしまうハリウッドってすごいなぁ。


ラストがまたすばらしい。
ついに記事を書き終えた、主人公。
一緒に暮らす母が、息子の書いた記事を読んで
絶賛し、下記のようなことを語る。

ホントは英語で表記したいとところだけど
英語字幕が収録されておらず
耳だけでは早いパートだったので
字幕を・・・
(フィルはグレゴリー・ペックが演じた役名)


「 聞いて、フィル
  急に長生きしたくなったわ
  この目で見たくなったの
  
  世の中は回り始めた
  何かが変わる世紀かもね
  未来の人が振り返ったら 驚くような世紀よ
  その未来にはアメリカもソ連も原爆もないかも
  すごいことよ みんなの世紀
  世界中の誰もが 自由に一緒に生きてるの
  その始まりだけでも見てみたいわ

  まだ長生きするわよ  」

※一部、すい修正


私が高校生の頃から考えて
まさか韓流ブームがやってくるとは。。。
時代は変わる。
きっときっと、いい方向に。
それは、小さな勇気ある一歩から
スタンダードへ
そしてグローバルになっていく。

この夏休み、久しぶりに帰省の際に
高校の頃のその先生に会ってみたいなぁと最近思っている。
今、そんな時代の変化をどう受け止めているのだろう?

スポンサーサイト
page top
斜に構えても?!
「キムタク総理」をついつい毎週見ている。

はじめは「ありえなーい」という
斜に構えた姿勢。
でも、だんだんプロデューサーの考えが見えてきて
勧善懲悪を「時代劇」よりも簡単に
子供の好きな「レンジャーもの」よりもオトナに語っているんだなぁと実感。
なにしろ政治ネタはなかなか視聴率をとるのが厳しいと聞く。
一体、誰のバックであのドラマを作ることにしたんだろう。。。

ドラマでは毎週、キムタク総理の支持者が周囲に増えていくのだ。
素人なりの「純粋さ」が周りのダークな人々を漂白していく。
あり得ない感はもちろん拭えないけれど
ホントにあんな総理いたら、もしかしたら投票しちゃうかもしれない。

それにしても、キムタクが何かの役を演じると
ホントに彼色になる。
どの役柄を見ても、なんとなく「ドラマのキムタク」で
そういう役をわざと選んでいるのかなぁ。
素なのかなぁ。。。
わからん。
やっぱりスターなんだね。


私はもともと「斜に構えて」一番人気を選ばない子だった。
光GENJIはあっくんファン。
でも実は影でかーくんも好きだったりした。
それは年々加速し、
みんなが「キアヌ」と言っている側で私は「クリスチャン」

「すいちゃんって、渋い趣味よね~」

それが代名詞だった。


SMAP。
さすがにジャニーズ光GENJIで卒業していたけれど
彼らの多様性には、驚いた。
デビュー当時は誰も今のカリスマぶりを想像していなかったかもね。


その後、私は相変わらず斜に構えていた。
キムタク、、、は好きだけど、まぁ好きね。
そんなところ。
それは周杰倫にも言えた事。
ずーっと細めチラチラ眺めていた。

今では、キムタクもジェイも大好き。
だって、やっぱスターですから。
才能ありますわ。
何やっても決まる。
仕方ないわけですわ。
斜に構えて何になる。
食べず嫌いはよくなくて、見ための美味しそうなスイーツはやはり美味しかったりする。


あのドラマ、中国で放映されたら
みんな受け入れるかなぁ。。。
「白い巨塔」とか「大奥」とか、ああいう「裏」ものは大いに
受け入れられたけれど
このビミョーな味が分かるかしら。。。
page top
牛さんに誘われて。。
本日、定時になってから
ヒルズメトロハット1階のソフトクリーム屋さんに行った。

梅雨の中休みというべく快晴。
お昼に外出したら、なんだかソフトクリーム日和だなぁ、、、と思い
同意者をつのっていたら
風紀委員長 O野さんが、

「よし、行くかぁ~」

と賛成してくれたので
園芸部の部活の後、行ってみた。
(そんなJDPの地味なイベントが大好きです。)


1個 450円


いくらヒルズ価格とは言え
これは簡単に手が出る代物ではない。
最近100円で、おいしいアイスを見つけていた。
ちなみに森永だったかな
エスキモーのMOWです。↓
http://www.eskimo.jp/campaign/mow/index.html

「ラクトアイス」ではなく
「アイスクリーム」がやはり好き。
MOWはそんなとっても濃厚ミルク味。

コンビニPBのソフトはやはりセブンが一番。
サンクスのはもっと改良が必要かな。(特にコーン)


私はソフトクリーム大臣かと言われると
決してそうではない。
どちらかというとチョコレート大臣だし
全粒粉入クッキー大臣、もしくはサブレ大臣
シュークリーム大臣といったところだ。
(ちょっと大臣兼任しすぎかしら。)
ともかく、ソフトクリームという代物は私の中で
たまぁ~~に食べてたくなるスウィーツなのだ。

でも大臣でなくても
コーン党のシュガーコーン派閥に属している
中堅議員といったところでしょうか。


「カップかコーン、どちらにしますか?」


と聞かれれば、絶対にコーン。
だって、紙はヤギさんじゃない限り食べれないもん。
あの、チェックのパリっとした感覚がたまらない。
初めて「31」であのコーンに出会ったとき
うれしくてたまらなかった。
でも、100円マックのソフトは
値段の割りにおいしいので、シュガーコーンでなくても許可。


話がそれた。
結局450円くんの味はどうだったかというと、
「生クリーム」っぽい味で
ふわっとした味覚。
私の好きな「牛乳くさい」味ではなかった。
上品な味というかなんというか。
せっかくO野さんにごちそうしていただいたのに
文句が多いかな、、スミマセン。
O野さん曰く、日比谷にオフィスがあったころの近所
マザー牧場のアイスよりもうまいとか。


実はこの店、店の前に大きな「牛」のオブジェ君がいた。
地下鉄からタワーに向かう長いエスカレータから
ちらっと見えたて、毎日気になっていた。
朝はお店がまだオープンしていないので
牛さんはおそらくお店の中。
日によって、こっちを向いていたり
お尻を向けていたり
とても気になる存在だった。


本日、牛さんは不在だった。
思わず、店員さんに聞いてみた。
曰く、「里帰りした」とか。
お里は北海道だそうです。(元山牧場)
お店の人が「戻ってきて欲しいとは思うんですがね~」と
哀愁たっぷりに語っていた。

牛さん、ヒルズに戻ってきて~。
こんな子でした。↓

http://www.roppongihills.com/jp/shops_restaurants/details/restaurant.php?id=209220005


Next Timeは、そのバックの「コールド・ストーン・クリーマリー」
こてこてアイスでしょうか。


ごちそうさまでした。。。

page top
映画ってホントーに、、、、
水野晴郎さん、ご冥福をお祈り致します。

私のイメージとしては、
なんと言っても「金曜ロードショー」。
同映画好きの母と、毎週毎週見たものだった。
もちろん淀川さんの「日曜洋画劇場」もよく見たものだった。
最近、著作権の切れた洋画(500円)DVDをプロデュースされていたので
何作か購入し、お世話になっております。。

映画ってホントにいいものです。
今更ながらに私の人生節々の映画を語るのも変な感じがしますが
(もともと日記の映画ネタは多いはずですし。。)
それでも今日は語らざるを得ません。
長くなるので、箇条書きに。。
(あくまで自己満足)


・マイケルJフォックス全盛期の小学生時代。
 あんなタイムトラベルしてみたかった。

・「スタンド・バイ・ミー」のリバーの「小指の約束」に
 胸きゅんだった、思春期初頭 小学校高学年。

・クリスチャン・スレーターにファンレターを書くために
 英語を頑張った中学生時代。

・すいの映画全盛期、中学時代。
 雑誌「スクリーン」や「ロードショー」を少ない小遣いでせっせと買っていた
 そこで見かけたグレース・ケリーの美しさに憧れた。

・当時中学生、難しすぎて意味が?だった「JFK」

・夢は「アカデミー賞のレッドカーペットにセレブとして参加」
 と語っていた、高校時代
 (その後さらに飛躍して、外交官。。。)

・「アラジン」を広島朝日会館で見ている時に、地震!
 大事なシーンを見逃してしまう。

・大学に入り、生まれて初めてのデートももちろん映画♪

・帰省すると必ず母と行く映画。
 いつも隣で船をこぐ母。(好きなくせに。。。)
 私が選ぶ映画が渋いから、それは仕方ないが。
 ex) セブン・イヤーズ・イン・チベット

・大学時代大好きだった人とのデートももち映画。
 「プライベート・ライアン」はデート不向き。。。

・スターウォーズ大祭り。
 どのエピソードも思い出いっぱい。
 特にはやはり美佳ちゃんとのエピ3(中国)と
 エピ2のwithよっちゃん、なほとの「スターウォーズ合宿」でしょうか。

・同スターウォーズ。
 エピ1から続けてみるぞーとルームメイト達と頑張った、留学時代。
 (ビール瓶片手に。。)

・誕生日の日に当時の彼氏と見た
 「誕生日に奇跡が起こる話=フェノミナン」

・深夜に当時ダーリンと海老名までドライブ
 シネコンは格好のデートスポット。。。で「ハリポタ」

・大衆映画が大好きな現ダーリン。
 柏で見た「スパイダーマン3」は周囲小学生だらけ。(児童館?!)

・字幕を意識して見るようになった、ここ最近。
 でもいつの間にかのめり込んでいる?!


もっともっと思い出いっぱい。
大好きな作品達はすいHPの紹介にゆずります。

そして、もうすぐ公開になる「インディ・ジョーンズシリーズ」はほとんど
この「金曜ロードショー」や「日曜洋画劇場」で見たはず。
ハリソン・フォード、まだ走れるのかなぁ。。
一体いくつの設定なんだろう。
ダーリン、ちゃんと一緒にいく時間あるかなぁ。。。


私の人生、切っても離せない映画。
今、ますますそんな原点に近づいている。
いやぁ、映画ってホントにいいもんです。
ではまた来週。(・・・までにまた書くけど。)


※注:映画のタイトルの「・(ナカグロ)」の位置等、調べてませんので間違っているかも。
   平日帰宅後のお気楽日記ということで、専門家の方々ご勘弁を。
page top
社会責任って?!
いつも行っていた眼科が突然なくなっていた。


コンタクト屋さんの隣に隣接していた眼科。
練馬にいた頃は、南新宿でお世話になっていたけれど
柏に来てから、同チェーンの柏のコンタクト屋さんを使っていた。
家から近いユエにいつでもいける感覚で
もう1年以上もご無沙汰していた。
幸い、目の調子もよかったし、ますます疎遠に。
すいはハード&ソフトの併用だけど
今回はソフトコンタクトがなくなったので、購入する為に久々に向かった。
ついでにコンタクトの液も買う予定だった。

チャイナドレスのサイズ直しや
ビックカメラに注文しておいた名刺管理ソフトを取りに行き
柏のゴミ出しカレンダーをもらいにいったりと
(もう6月なのに、まだポストに投函されてない!
 うちの地域の担当員はいいかげんだ!!)
地味な日曜日を過した上で、眼科へ。
ビルの6階だったかなぁ、5階だったかなぁ・・・と考えながらEVホールへ。

表示がなかった。
確か I 眼科だったよなぁ。
コンタクト屋の表示はあるのだが。。

がらんとしたフロア。
休み?・・・にしては、ちょっとがらんとしてて。。。


す:「あのぉ、すみません。
   ソフトコンタクトを買いたいのと、ちょっと間があいたのですが
   定期健診をと思っていて。。。
   眼科は、、、、改装かなにかですか?」

店:「あっ、閉まってしまったんですよ。」

す:「えっ?じゃぁ、どちらの眼科に行けば、処方箋を出していただけるのですか?」

店:「以前と見え方に変わりはありませんか?」

す:「はい」

店:「では、データから同じものをお出ししますね。
   少々お待ちください。」

す:「はぁ」


閑散とした眼科スペース。
「一身上の都合につき・・・」との張り紙。雑然とした院内。
でも、先生沢山いた気がしたけれど。。。
以前2度ほど来た事あった。
柏駅前ということもあり、いつも混んでいた。
一体、どういうことだろうか。


その後、責任者のような人が現れた。


店:「お待たせしました。今回はご迷惑をお掛けいたしました。」

す:「あの、つい最近ですか?
   5月31日をもって・・・となっていますね。」

店:「ええ、もう夜逃げ同然の状態でいなくなってしまって。
   こちらも困っているんですよ。」


す:「?!!!」


おい、そんなこと軽々しく言っていいのか?!黒服。
そんな風には決して見えなかったし
繁盛しているようにも見えたのだけど。
経営だろうか?
憶測だけでは語れない。


どの企業も取引先との信用でなりたっているわけで
信頼関係が重要である。
社会責任があり、守って当然のルールというものがある。
私は病院というところはその「社会責任」が最も重要な場所だと考える。
患者は信頼してその病院に通っているわけで
それを裏切るなんて、最低のこと。

ここ数ヶ月、とてもいい病院にも自身接しているだけに
責任のない様子を目にすると無性に腹が立つ。
まぁ、今回のケースは何も事情は分からないのだけど
隣に隣接するコンタクト屋さんからは、確実に多くのお客さんが
離れてしまうだろう。


それでも私は見守るつもり。
夏には新しいお医者さんが来るようだし、
今度はちゃんと患者を見放さない病院と祈りながら。。。





page top
株分け
胡蝶蘭ちゃんのお家を新しいお家にしてあげました。
そう、俗に言う「株分け」をしました。

幼い頃、家で母がシンビジウムの株分けをしていた現場を
今でも覚えている。
ともかく大変そうで
しかもその後、花がうまく咲いていなかった。

「難しい」

株分けとは、そんな印象。
しかし、やはり植物のためには
やってあげた方がよい処置だったりする。
会社のミリオンバンブーちゃんを復活させ、株分けした実績もある。
自信を持って、Let's try!

ウチには2つの胡蝶蘭の鉢がある。
事務所移転の際に会社にたまった胡蝶蘭の山からいただいてきて
はや3ヶ月近く。
黄色い子ちゃんは花の時期を終えて
伸びたい放題。新緑の季節を謳歌中。
小さい子ちゃんは、3つのうち
2つを虫に?やられてしまったか
残り1つに。ちょっと罪悪感。。。

ネットでいろいろ情報収集をして
鉢は小さめの素焼きがいいとか
はさみを使うときは、一株ずつ火で消毒してから使うこととか
コケは一晩水をシュシュってやって置いておかなくてはいけないとか・・・・
いろいろな情報を収集した。
ともかく大変そう。。。

我が家からホームセンターまでは徒歩20分。
自転車でもいけるが
なにせ素焼きの鉢を背中に抱えるわけもいかず
お散歩、お散歩。
こんな時、車があれば。。。と
水のまとめ買いや
米なんかの重いもの購入は
ダーリンが車で来てくれる時まで延期している。


結果、鉢を持って変えるだけで筋肉痛。


それでも蘭ちゃんが待っているからと頑張る。
本日、株分け最高のいい天気。


黄色い子ちゃんは、鉢から出してみると
それはそれは窮屈そうだった。
開放してあげると
ものすごく力強い根っこがチキンラーメンのようにこんがらかっていた。(極太)
この子達は安心。
まぁ大丈夫でしょう。

しかし、瀕死の状態だったのは
小さい子ちゃん。
もらってきた時には白くてかわいい花をつけていたが
今はとりあえず葉っぱだけは生き生き
しかし茎は「生きてるのかなぁ・・・」状態。
鉢から出してみると
ほとんどの根っこが枯れていた。そして腐っていた。
可愛そうに。。。

しかし!!!

1本だけ、ぐいーーーんって伸びている根っこがあり
どうやらそこからしっかり栄養分をとって生活していた模様。

あぁ、こんなになるまでホッタラカシいしちゃって
ごめんね、小さい子ちゃん。
そして、君は生きているんだね。
助けてあげれるかなぁ。頑張れ!!
しっかりよしよししながら、鉢に植えなおしてあげた。


彼らが今の新しい生活に慣れるまで
じっと見守るしかない。
今は何事も我慢の時、という感じだ。
見守ろう、見守ろう。。。
お水は15日ほどあげないで様子見とか。
© すい's BLOG. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。