FC2ブログ
何気ないところに小さな幸せが・・・。そんな日常を「徒然なるままに」語ってます。   
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
ダライ・ラマ自伝
ダライ・ラマの自伝を読んだ。

中国にも行っていたのに、チベットと中国との歴史に関しては
恥ずかしながら、あまり知識がなかった。
チベットのことを知らないまま、中国に留学し
鉄道が開通して、「チベットは手軽になってきた旅行地だなぁ」なんて
お気楽な印象を持っていた。
いつかポタラ宮にも行ってみたいとも。
そんな軽ーい気持ちでしか。
もちろん「自治区」というビミョーな名に「?」な気持ちもあったのだが
あくまで中国側の発する情報を得ていた程度。

それが、オリンピックを前にした頃に、盛り上がっていた人権問題を目にし
初めて疑問に思うようになっていた。
当初、実は、抑圧は一時的なことなんじゃない?なんて勝手に考えていた。
一体、ダライ・ラマって何者?
ノーベル平和賞?でもいろいろ解決してないじゃん。と
どうも宗教に対する偏見もあったのかもしれないけれど、
なかなか知ろうと出来なかった、未知のままですごしてしまってきた問題であった。

縁あって、本を手にすることができ
なんだか吸いつけられるように読んでみた。
一中国語をビジネスとする者、草の根交流を目指す者として
やはり知っておくべき人物なのではないかと。。。
自伝なんて、えらそーなことを書いている、えらそーな人の本というイメージが強かった。
それに翻訳者の人がブーだと、なんだかまわりくどくて、
うまくかみしめない文章が多い。
しかし、この本は違った。

ダライ・ラマはご存知の通り、チベット仏教の象徴的立場で
前世ダライ・ラマの生まれ変わりとお告げをうけ、今の道に入ったわけだけれど
そういうことは、「セブン・イヤーズ・イン・チベット」を見てもちろん知っていた。
あの映画はじっくり見たはずなのに、なぜかチベット仏教の印象しか残っていない。
ダライ・ラマ自身は、自身の生い立ちから坦々と今を語っているわけだが
その大半が、中国軍が進入してきたからの歴史だ。
それもそのはず、彼がまだ10代の頃に中国は「遅れた地域の開放」の名の下
進軍してきたわけだから。
しかし古の頃から現代まで、チベットが中国の傘下に入っていた歴史はないし
どう見ても、進軍とは「侵攻」のことだろう。
彼自身も書いていたが、もちろん中国軍が「開放」したことで、発展した部分もあったかもしれない。
しかし、その為に多くのチベット人の人権が踏みにじられてきたし
自由が奪われてきた。

ダライ・ラマは当然カリスマ性があるが
彼は独立を主張し、断固団結し戦おう!とチベット国民に呼びかけたわけではない。
話し合いによる解決と、チベット人の平和な生活を望んだ。
彼がすごいなぁと私が思ったところは、彼がうさんくさくないところだ。
(ちょっと失礼な言葉かもしれないけれど、すみません)
決して中国批判をし続けてきたわけではない。
優秀な一部の中国政府幹部に関しては、尊敬の念をやまず(周恩来など)
チベットの問題となると、どうしても分かり合えないのだが
しかし、どーしようもない腐敗した幹部に関しては厳しく批判した。
「汝の敵を愛せよ」と語り、罪を全てゆるしあうキリスト教の理念よりも
人間臭い気もしたし、それは人間の本能だと思った。
彼は自身の地位の保障など一切中国に求めていない。
チベットの人々から愛されている訳がよく分かった。

「亡命」という選択にかんしても
当初は疑問だった。
なぜに「闘わなかったのか」そう思っていた。
「亡命」とは、「逃げること」と私はとらえていた。
しかし、答えは私の解釈違いだった。
難を逃れたことは事実にしても、
中国の監視下にあるチベット国内においては、自由な発言はできない。
世界の人々にチベットの現状をメッセージとして送るには
国外からしか発することができない事情があるのだ。

いろんな謎が解けていった。
中国に対して、不信感がつのったことは事実だ。
しかし、お互いの立場の違いから主張したところで
物事は解決しないわけだ。
とは言え、共存していく為には
人としての最低限のルールと、相手を尊重することを意識しないと
それは人以下になってしまう。
オリの中で叫ぶだけでは、一時的な打撃を与えるだけで
何十万という軍隊に押しつぶされてしまうだけ。
それにより、世論にて批判は高まるだろうが
何万もの人々の命が奪われる悲しい結果になるだろう。
ここで話す必要もないかもしれないけれど、不信感がつのったのは
政府の腐敗した役人に対してと
人権を重んじない一部の人々に対してであって
中国に暮らす人々そして海外にいる中国人に方に対しての
私の友好的な感情が変わったわけではない。

思いやりの心が欠落している現代。
人と人の関係だけはない。
国と国同士も(もしくは民族と国同士も)分かり合っていくためには
もっと一つ一つの問題を目にし、事実を考察し
共存の道を「思いやり」を持って考えていくべきではないか。
ダライ・ラマ14世の今後のご活躍と、長寿を心よりお祈りしています。
スポンサーサイト
page top
父とゴルフ
うちの父とゴルフは切っても切れない関係。
多分、仕事とゴルフがなくなってしまったら
急に老け込んでしまう。
寿命が縮まっちゃうかもしれない。
あっ、皆さんが想像されるような日本のストレス戦士ではありません。
彼にとっては仕事=遊びだから
どちらも生き甲斐の「楽しいこと」の一つである。

今日は父が近辺にいたので
久々に一緒にゴルフ練習場に連れて行ってもらった。
来週土曜日久々のゴルフが控えていたこともあり
私自身は半年以上ぶりのゴルフ。
まぁ冬はスキーだし、夏はゴルフー、、、と言っても
ここ最近ダーリンとしか行っていなかった。
ダーリンが大のゴルフ好きなので
昨年の夏休みは私の方はしぶしぶ付き合ったまでで
相変わらず、沢山たたいてしまってヘトヘト。
でも中には気持ちのいいショットもあり、すがすがしいゴルフには間違いがない。

私はゴルフの歴ばかりが長くて
ちっとも上手くなっていない。
父がシングルプレーヤーということもあり
バブル期は母にもクラブが与えられ、母と一緒に練習場に行ったこともあった。
本格的にゴルフを始めたのは大学のサークルで、
かれこれ10年のゴルフ歴、、、ではあったけれど
全く進歩のないまま、今日に至る。
どちらかというと、頑張れば成果の出るスキーやジム通いの方が楽しくなってきて
聞かれれば、「ゴルフ?あーやってますよ、いちお・・・」と答え
免許で言えば、乗らないままゴールド免許になっちゃった感じであった。

長年上達しなかった原因がスライスが直らなかったこと。
それが今日、父に見てもらってきれいになおってしまった!
さすが!
これで今週末のゴルフは楽しくなりそうだ。

父とは以前、ゴルフを始めたばかりの頃
広島から東京に出てきたばかりの頃に、結構練習に連れて行ってもらっていた。
まだ球も安定していなかったから、言われたことを実践してみても
どうも手ごたえがあるよーな、ないようなという感じだった。
実際父とラウンドしたことがない。
なにせ、レベルが雲泥の差であるから。
スポーツというものは、上達しなきゃそりゃ面白くないし
私はゴルフに関しては結構あきらめの境地になっていた。

最近、藍ちゃんをはじめ女子プロ
そしてなんと言っても遼くんの効果か
若い人の中でもゴルフを始める人が増えてきた。
私の周りにもゴルフをする人間が増えてきた。
誘われる機会もだんだん増えていったので
今回たまたまそれに応じてみた。
誘われた人が割と初心者だったこともある。(気をつかわない人たちだし)
スライスすれば、左向いて打つかな。。。なんて軽い気持ちだったけれど
それでもやっぱり、楽しみに仕方ないゴルフ、、という気持ちはあまりなかった。

今回の手ごたえは、一目瞭然な感じだった。
お父さんの教え方がうまくなったのかな。
多分お父さんもそれなりに研究したんだろうな。(私が投げ出している間に)
以前、頭で父のアドバイスが分かっていても
身体が上手く反応しない状態から、今回はうまーく成果があらわれたのだった。
だから既に出てきた筋肉痛もうれしい悲鳴だったりする。
まだまだ今週末のゴルフでは安定しないだろうけれど、
でも打開策にはなったと思う。
最近カワイイウエアが店頭に増えてきて、ドライバーも買換えることよりも先に
ウエアを思わず買ってしまった私。
ダーリンにも「これホントにドライバー?!」といわれた10年前から変わらないドライバー。
「だって、買換えたって上手くならないもん」の言葉がそのうち変わる日も近いか?


一般の家庭のお父さんとはちょっと感じが違うが
たまーに「お父さんありがとう」と思うシーンがある。
ゴルフを私がまだ続けていたことに対して、父はびっくりだったかもしれないけれど
それは親子のとりもつ縁でもあり、血は争えないということだろうか。
同じ血は争えないというのなら
これから本気で勉強しようとしている父の中国語の方も
きっと娘同様、実を結ぶでしょう。(私もまだまだですが)
親子で同じ趣味を持つって、こういうことなのかなぁ。
もっと頑張ろうかなぁ。
page top
感謝!母親
本日は母の日ですね。
街中にはカーネーション1輪を持った人を多く見かけました。
ちびっ子から若者、オジサマまでいろんな人が一年に一回の「ありがとう」の機会を
大切にしていることを感じました。

ウチの母はカーネーションがあまり好きではなかったので
幼い頃からカーネーションをあげたことがなかった。
なぜ嫌いなのかは分からないけれど
別の奉仕の仕方で母への感謝をあらわしていた。
肩たたき券とかかな?

「本日の夕飯、私やります!」
と言っても、ウチは母子家庭で子供は私だけ。
17時をまわって、お外で遊んでいた仲間達がお家に帰ってしまうと
私はお母さんのエプロンをひっぱってくっついているしかなかった。
もともとの手先の器用さから、すぐに料理を覚えたし
こんな小さい頃から?!とびっくりされるくらい
小学生の頃からいろんな料理をマスターしていた。
特に、夕飯が「ぎょうざ」の時は私の仕事だった。
(皮と餡がぴったんこ終わった時はとても快感で!!)

でも今思えば、ぎょうざの日やその他特定の料理の日だけじゃなくて
外で働く母をもっと
日々ねぎらってあげればよかったんじゃないかなぁと思う。
今ほとんど座ってパソコンに向かっているお気楽仕事だけれど
帰ってきて、料理して、掃除して、、、なんてまともにやっていない。
我が家の品数は、専業主婦のママの家よりも少なかっただろうけど
決して劣った夕食ではなかったし
働きながら子供を一人育てるって、どんなに大変なことか改めて思うわけだ。

そんな、今日の母。
ひとまずお昼に電話してみたら
すごくひそひそ声で出てきて


「これからケーナのコンサートなんよ。」


と。
もうそんなに上達した?!
てっきり母の発表会かと思いきや…


「あっちから演奏する人がきとるんよ。」


あっちとは、南米のこと。
ケーナは南米アンデス地方の楽器で
田中健が吹いていたアレ。


「じゃ、もうすぐ始まるけ~。また夜電話するわ」


と、早口で切られたしまった。
半年前から母はならい始め年末には音さえ出なかった。
それが、数ヶ月前「メリーさんの羊」が吹けるようになったと
うれしそうに話しながら、スカイプ越しに聞いた


「ボーボーボーボー ボボボ」


の低ーい音が忘れられない。
そしてあの満足そうな笑顔。
Enjoy60代。
おじさんが亡くなって、ふさいで暮らされるより
よっぽどこちらとしては助かる。


お母さんいつもありがとう。
7月は久々の東京ですね。
ダーリンと一緒にしっかりおもてなししますので。楽しみに。
page top
優しい歌を
最近村上春樹ばかり読んでいたので
ちょっと抽象的な文章を書いてしまうだろう。
でも思いのままに書かせてもらう。

「人間は考える葦」であると言った先人がいて
考えることをやめてしまうと、人としての成長がとまってしまう気がするから
まじめに今生きていること、今前に進んでいることの価値を考えてみた。

時に思い通りにいかなかったり、信じていたもの・ことに裏切られたり
絶望したり、俗にいう「挫折」を味わうことがある。
きっとそれを「あの時は試練だった」と語れるのは後の話で
その時は一生懸命もがくしかない。
「周りの人の助けをかりながら」と言えるのもこれも後の話で
ある人は「自分はできる」という過信の上で、自ら崖の底からロッククライミング。
そこにたらされたロープ、あるいはこれが蜘蛛の糸かもしれない
それを目に見えた状態でつたっていける人なんてそういない。
ともかく立ちすくみそうになりながら、登っていき
たまに後退も休憩もしながら、進んでいくわけだ。

昨日、とある人からあるニュースを聞いた。
それは私の中で私自身の進行方向への嵐になったわけではない。
しかしそのニュースを聞いて、私の胸はとても痛んだ。
私は今はロープを投げることも出来なくて、決してそれをしてはいけなくて
ただただ時を待つしかできない立場なのだ。

最近、ダライ・ラマの自伝を読んでいる。
読んでいることで、チベット仏教に詳しくなったわけでも
密教に共感したわけでも全くないけれど
心の悟りを開くというのは、こういった時に見えない力を与えてあげることが出来る人のことを
言うのかと思ったりした。
そして、こういう時に祈るのかなぁと思った。
特に神様を信じているわけでもないし、ただただ純粋に
私を取り巻く人の幸せと健康と安らぎを、心から祈ろうと思った。

それでも人は進んでいく。
今自分がここにいる価値を見出しながら、人の為に生きるのではない。
自分の為に生きていく。
もちろん「ここにいる価値」という観点からは、周りの人に対してもなんらかのエナジーになると
笑顔が増えていくわけだ。
そのエナジーは、ロープでもあり、蜘蛛の糸かもしれないし
心の声かもしれないし、旱魃時の恵の雨かもしれない。
ともかく、祈る、祈る。


時にしらけムードの私達は
ホンに、胸の中の洞窟に住む魔物と対峙していけるのか?

そう櫻井さんの語る様に
私は昨晩、群衆の中に立って人通りの多い交差点、夜空を見上げ
大切なものに気付いて、狂おしくなりました


  優しい歌 忘れてた 誰かの為に
  小さな火をくべるよな
  愛する喜びに 満ちあふれた歌


今日久々に床を濡れ拭きした。
たまった汚れがくっついて、「こんなに汚かったんだ!」と発見。
心もリセットしないと、知らない間にとれない汚れがたまっちゃう。
それが私の準備したモップでとれなくても
まだまだきれいになるはずなのに。。。
page top
神田・神保町さらに日本橋
今日は帰り道夕焼けがキレイでした。
なんだか心があらわれるようで、疲れた身体が目から癒された気分。
気がついたら、ヒールで2時間以上歩いていたので
もう足はパンパン。
現在、低周波マッサージくんにお世話になりながら、
日記中。

GW初日。
GWが中盤に入るときっと、GWだらだらモードになるだろうし
終盤はきっと、社会復帰できるか不安なサザエさんモード。
その前に、さっぱり動いておこうと思い今朝は早起き。
クリーニングに、主婦作業、さらに7月に母が来る際の旅行の予約
と朝から活動的に動き回る。
午後は、本日のメインイベント「スキーブーツの修理」の為、神保町方面へ。
そう、スキーショップは本格的シーズンオフを迎えるため
GWは長期休暇に入るところが多い。
今日はお店があいていたので、急ぐものではないけれど
来シーズンまでの間に忘れてしまいそうなので
さっさと出しておきたかった。依頼してきた。
その後、水天宮に住む父がつかまれば
ゆずってくれると言っていた時計を受け取りに神田へ。(お父さんありがとう)
その時計をごきげんな感じで早速はめて
ちょっと大きいベルトを1個とってもらう為
さらに徒歩で日本橋の三越へ。

この御茶ノ水・神田・神保町方面、そして日本橋
今日はあまりに天気がよかったので、全て歩いた。
この近辺というのは、ちょっと移動するとまわりの景色がガラッと変わり
御茶ノ水、神保町の本屋街、スキーショップ、神田の飲み屋街、
さらに20~30分ほど歩くとハイソな雰囲気の漂う三越&マンダリンの日本橋。
不思議なもんである。

GW初日でよかった。
すがすがしい。
汗をかくわけではなく、まぶしい日差しにサングラス着用。
お家についたら、すごく疲れが出たけれど
歩いている間は気持ちがよかったなぁ。
今日はゆっくりお風呂につかって、しっかりマッサージしてあげよ。
page top
MILK
私が一番見たかった作品をみました!
ショーン・ペン主演の「ミルク」
彼はこの作品でアカデミー主演男優賞を受賞している。
先日日記した、「スラムドック・ミリオネア」にも期待していたけれど
なんていったってショーン・ペンだし、とにかく見たかった。

どうも、私はケビン・スペイシー同様、
ショーン・ペンの作品も好みらしい。
それは「デッドマン・ウォーキング」以来かしら。
「ミスティック・リバー」もね。
彼の主演している作品だから、楽しみにしていたのだ。

話題になっているので、どういった映画かご存知の方も多いと思うけれど
「ミルク」は人の名前で、実在の人物、ハービィ・ミルク。
同性愛者で、初めてアメリカの同性愛者で公職についた方。
(スーパーバイザー、市政執行委員と訳されていただけれど市議会議員みたいなものか?)
70年代、まだまだ世間的にマイノリティであったゲイの人たちに
「希望」を与えた活動家。
ゲイだけに限らず、社会的な弱者への「与えられた当然の権利」である人権尊重の考えを
認識させ、主張していった。

何をもってモラルというのか

当時の世間では、「結婚して子供を生み幸せな家庭を築いていく」ことが
人としての当然の姿。
そんな「正統なfamily」を阻害する存在は悪ということが「モラル」となっていた。
しかし、同性愛者であることは、決して病気ではなく
臭いものにはふたをしろ的な政府(地方政府)の考えに、真っ向から挑んでいったのが
ミルクの活動。「カミングアウトしよう」と。
彼が映画の中でよく使っていた表現が
「クローゼットの中でじっとしているのではなく、表に出よう」というものだった。
それがどんなに勇気の必要な行為であるか。

彼にムーブメントをさせたきっかけは、ミルクの年下の彼だった。
愛。
当初、ミルクは自分がゲイであることをカミングアウトしていたわけではない。
彼の存在が、ミルク自身の人生においてもムーブメントだった。
年下の彼に出会い、周りに仲間が出来て、徐々に活動へと走っていく。
映画の中では、「希望」という言葉がよく登場するのだが
私は同時に「愛」という言葉を感じた。

彼は78年に射殺されてしまう。
私が生まれた年だ。
彼の死は、三万人もの人を動かし、共に追悼した。
非常に、非常に残念なことだけど
それを悟っていたかのように、駆け抜けた彼の活動。
今では世界的に人権問題はとてもナイーブな問題になっているし
問題のある国は、世界的に非難される。
とはいえ、マイノリティの人権という部分で言えば
決して歪がなくなったわけではない。
これは一人一人の根底にある「意識」の問題であって
「知らずに差別」をしているケースも多いと私は思う。
皆、こういった事実を知らなくてはいけない。
私はこの映画を見るまでハービィ・ミルクという人を知らなかったし
プロポーザル6をめぐるアメリカ国内の是非も知らなかった。
それでもこの映画をきっかけに、偉大な活動家の存在を幸いにも知ることが出来た。

ミルクは、選挙に勝つことを目的としていたというよりも
今こうやって同性愛者が迫害されている事実を人々に知ってもらい
その声を、ムーブメントを全国に起こしていくことを願った。
その一つ一つが、今現代に生きる私達に受け継がれている。
「人類皆平等」の原理を、その根本を深く私に問いかけてくれた。

帰り道、心に響いたこの映画のメッセージが
私を強くしめつけていた。
これほどまでにメッセージが響いた映画を久々に見て
やはり、映画っていいなぁ~と思う今日この頃。
早くこんな作品の字幕をつくれるようになりたいです。。。

実はこの日はダーリンのお誕生日。
出張先からGWも戻れそうにないダーリンが可哀想ではあるものの
私はある意味充実した一日になりました。
そう、彼への愛とは別に博愛の意識もしっかりと心に刻めたので。
© すい's BLOG. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。