何気ないところに小さな幸せが・・・。そんな日常を「徒然なるままに」語ってます。   
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
「永遠に白」などない or 白い奇跡
今週は愛に満ち溢れた一週間でした。

なにせ月曜日はとってもHAPPYに
初の東京国際映画祭を満喫してきました。
大陸映画「永遠の天」と台湾映画「台湾に舞う雪」を鑑賞。
特に「台湾に舞う雪」は切なくて、温かくて
心がしんみりとなりました。

「永遠の天」は、私と同世代くらいの女性の監督が描いた作品。
数十年前から、SARS、オリンピックと
あまりに大きく変っていった中国の背景と若者達の愛を描いた作品。
背景は大きく変わっていった中国だけど
家族愛、友情、兄弟愛、恋人同士の愛は昔と変わらず流れ続けている。
「永遠の愛」をテーマにした作品だった。
今回の意味深なタイトル(前半部分)は
映画内の継母が主人公に語る台詞。
「真っ白なカーテンも黄色くなる、壁だって、白いバラだって。」
彼女は皮肉っぽくこう言うのだった。彼女にとっては永遠の愛はないのだろう。
なんだか印象に残りました。
作品としては、「永遠」がテーマだから、長い時代を追っているのはよく分かるけれど
ちょっと移り変わりの速さを感じてしまったかなぁと。
とはいえ、若い監督の作品。これからも期待したいです。

「台湾に舞う雪」は
初めタイトルを見たとき「台湾って雪降らないんじゃない?」って疑問に思いました。
もちろんこのタイトルの意味は、物語の中で明かされていく。
声が出なくなってしまい絶望のどん底の新人歌手の主人公が
傷心旅行に訪れた台北郊外の町。
なんだかノスタルジックで、
生き急ぐ現代人の生活を忘れさせてくれるような郊外の町。
そこで出会った親切な青年は、その町の中心人物。
若者がどんどん離れていく町において、頼りになる何でも屋。
やさしくて明るい彼には実はこの町で待ち続けている人がいる。

昔幼かった頃、家を出て行く母に「いつ帰ってくるの?」と聞いた。
母は「雪が降るころに戻る」と話し、出て行ったきり。
台北では雪が降らないので、
イコール「永遠に戻らない」ということは大人になってから分かるのだけど
それでも母を待ち続け暮らしている。

自ら影を抱えながらも
周りにやさしく純粋なこの青年を見ていると
私も癒されに行きたくなった。
(実際舞台挨拶で登場したチェン・ボーリンは、映画の方がステキに見えたなぁ。。)
こちらの作品は「永遠の愛」というよりは「一時の愛」なわけだったが
それでも「奇跡の雪」を眼にした時の心が熱くなったあの感情が忘れられない。
涙を何度も流させるようなシーンが満載の「永遠の天」に比べて
「台湾に~」は心の中で、涙がどわーっとこみ上げてくるような気持ちになりました。
さすがベテラン監督だけに、やられましたといった感じです。

2作品ともコンペ作品でしたが、残念ながら受賞は逃しましたが
いちお私も観客として、投票をしました。
それにしても、どちらの作品でも舞台挨拶やQ&Aがありーの
すぐ目の前に俳優さんや監督さんが現れて
東京国際映画祭ってこんなにスターと近づけるイベントだとは
知りませんでした。
「永遠の天」の脇役だった人なんかは、
ヒルズの特設カフェで普通にお茶してました。
(でも名前が思い出せなくて話しかけられなかった。。残念。)
こんなイベントがすぐ近くで味わえるなんて
全く予想外で、是非来年も参加したいなぁと思いました。

この1週間もいろんなことがあった。
やるせないことも、頑張らなきゃと意気込むことも含めて
相変わらず心圧になっている模様。
何も話していないのに、電話ごしに空気がよめるダーリンにも
愛を感じました。
早くおだやかな気持ちで過せればと。

そりゃ「白いまま」ではいられない。黄色くもなったりする。
でも私は信じている。
はかなくて、いつになるかも分からないが
「私には」白く見える心で、いつかつかめるモノを。
スポンサーサイト
page top
栗といつまでも
気がつけばずいぶんと涼しくなりました。
来週のゴマっこ会に向けて、秋の歌を練習中だけど
なんで秋ってこんなに寂しい気持ちになる歌が多いのだろう?
息がつまる感じ。
でもそりゃ外を歩けば、木枯らしにみんなウキウキってよりは
誰でもセンチな気持ちになったり、キュンってなったりするんでしょう。
でも私は(隣を歩いている人がいても、いなくても)そんな季節が好き。
なんでだろう。
黄色いじゅうたんに目を奪われるからか。
冬が待ち遠しいからか。。。

今日は夏から発注していた甘栗が届いて超ご機嫌。(結局は食欲の秋?!)
食べすぎ注意報で、やめられないとまらない状態。
秋は私の好きな食べ物がたくさん誘惑している。
そっ、今年は「勉強の秋」だから
インドアでついつい手がでちゃう、、、、、(たまに調整)

先週の三連休は箱根に大学時代のサークルの同期達と行ってきました。
出会って10年以上だけど、こうやって毎年旅行に行けるって
ホント幸せなことだわ。
生活の基盤も、場所もそれぞれ変化していくわけだけれど
彼らとの空間は変わらない場所。
そんな穏やかな安らぎに触れた楽しい旅でした。
「手作り」人生ゲームありーの、箱根神社ありーの、
渋滞ありーので心に残るいい想い出でした。
人生ゲームでは8人中6人が途中で死んでしまうという波乱の結果だったけれど
私は思わず「ドリアン」な想い出がよぎりました。
5、6年前のスキー合宿、前の彼と始めてチームを組んだ人生ゲームで
ドリアンを引き当てた、幸運?!
あの頃の初々しい気持ちと「平和」な空気を思い出した。
あぁ、あの頃に思い描いた未来は全く違ったものだったなぁとも。
いや、むしろなにも描いていなかったなぁと。
戦闘服で闘っていた中で、初めて覚えたやすらぎ。
中国に渡る前だった。
今回の人生ゲームでは、「大麻を育てる政治家」にまでのぼりつめたものの
途中で無念の交通事故で死亡。
次は生きてゴールできますように。

実は先週に引き続き今週も三連休。
遅めの夏休みを1日分消化。
ホントはダーリンの帰りを待って旅行でもと思っていたけれど
相変わらずお休みなしのご様子で、可哀想。
「はい、お手上げです」っていう一言が言えない会社の判断。
会社とはそんな理不尽なことが多々おこる場所。
一体いつまで続くのか。
私は彼が頑張るなら応援するのみ。
もちろん体が心配だけれど。
そういえば苦手な遠距離恋愛の域にいつの間にか入っているみたい。
過去の嫌な記憶がよみがえる。
穏やかに、何も起こらないことを祈りつつ。。。

明日も栗を片手に頑張ります。
page top
ラテンビート♪
先月末に直属の上司が退社し
託された仕事がかなりのボリュームで
先週は駆け込み残業。
人には様々な理由がある、だから文句は言えない。
弱音をはけないから、たまに押しつぶされそうになる。
その上今後も直面しそうな問題に、ため息。
それはみんな同じだろうから、仕方がない。
坦々とこなしていかなきゃいけないけれど、
見えないプレッシャーに肌には吹き出物。
肌は正直だ。

せめてアロマのお湯にゆっくり使って、リラックスすることができれば・・・
やはり無理するのはやめよう。
毎日リセットして、やっていかなきゃ今後がもたない。


加油!
元気取り戻し、もっとHOTな話題で。

現在4つの海外ドラマを並行してみているけれど
最近平日に消化できないから、土日が大変。
この週末も合計8話分(ってことは、8時間!!)を見ました。
ここのところ、ただポヶーっと見ているから、ちっとも字幕の勉強になっていない。
ここ最近のヒット訳は「ヘビ女」かな?!
この単語だけで、いかにこの「女」が恐ろしい人か伝わるしね。
「natural farm(だったかな)」という店名のストリップ場を
「ピチピチ天国」と訳した訳にも一票。
グッととくる訳を思いつくって、やはり日頃いかに情報網を張っているかにつきる。

その「ヘビ女」が登場するドラマは
実はメキシコドラマ。
言葉がどうもスペイン語らしいので、スペインの話かと思いきや
メキシコ、アカプルコが舞台だった。
どうもメキシコって、タコスにサボテンに、ポンチョ着た人に、ひげのオジサン
っていうイメージしかなくて
(日本に対して未だチョンマゲ、サムライ、フジサン、ハラキリの
イメージを持った外国人と私は同レベル?)
アカプルコがあんなにキレイな都市だと思わなかった。
もっとも主人公がお金持ちなので、
アカプルコはお金持ちが沢山住んでいる地域のようだけど
OCやビバヒルを思い出しちゃうような、豪華な海沿いのお家に
美しい景色、そして俳優さんだから当たり前だけど、美男美女ぞろいでびっくり。
(もちろん物語にはメキシコの貧困な部分も登場する。)
ドラマのつくり自体は、昼のメロドラマさながらのドロドロ劇だけど
あの開放的な空気と、人々のシンの強さには関心
少しこのラテン圏のドラマや映画に触れてみたくなった。

9月にラテンビート映画祭が開催され
シルバーウィーク中は母の相手をしていた為、参加できなかったけれど

http://www.hispanicbeatfilmfestival.com/jp09/index.html#

注目している、11月の「アンブランテ ドキュメンタリー映画祭」には
是非参加したいなぁ。
15日が試験の為、この日だったらアウトだけど。。
そうだ、そうだ。東京国際映画祭のチケットも購入せねば。。。。
今年は初参加予定。
見ようと思っていた「シャネル」はおそらくパスし、こちらにスイッチ。

映画な秋ですなぁ。。。
© すい's BLOG. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。