何気ないところに小さな幸せが・・・。そんな日常を「徒然なるままに」語ってます。   
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
「インビクタス」
「コシシケレリ・アフリカ」と言っても
ぴんとくる方はあまりいないだろう。
これは南アフリカ協和国の国歌で、
「アフリカに神の祝福あれ」といった意味です。
先日見に行ったクリント・イーストウッドの最新作
「インビクタス」の中でも歌われている。

映画の舞台は、ネルソン・マンデラがトップに就任したばかりの
南アフリカ共和国。
そして、アパルトヘイトの象徴とも言える
弱小ラグビーチームの建て直しの物語。
一体どんな結びつきが?と疑問だったけれど
実話と聞くと、すごい人なんだなぁ~と、身にしみていい映画でした。

今までの圧制から
白人権力を一掃してしまいたいマンデラ側の側近達に対し
マンデラは言う。
「同じことを繰り返してどうする」と
汝の敵を愛せよ、ではないが
黒人も白人も関係なく、誇り高い国を作ろうと希望に燃えていた。
政権安定へのパフォーマンスだったかもしれない。
でも、細かい配慮を忘れない彼の姿勢を見ていると
そのひとつひとつの努力を、刑務所の中で決して諦めなかった情熱を
痛いほどに感じることができました。
ひとえに、モーガン・フリーマンうまい!につきるのだけれど
私達のとりまく環境がどんなに恵まれて、どんなに平和なことかと
改めて感じました。
マンデラさん自身も、彼に演じて欲しいと熱望したとか。

途中、マンデラが27年間入っていた刑務所の独房が登場するシーンがある。
とても小さなもので、そこで「インビクタス」という、
確かギリシャかローマ時代の詩を心の励みとして
読んでいたのだった。
「征服されない」という意味。
決してあきらめない強い気持ちが、
絶望のどん底でも支えてくれていた。
苦しいときも彼の心を燃やした詩と「コシシケレリ・アフリカ」の歌は
希望にあふれた未来を照らしていた。

私は高校生の時に、この歌を歌った。
フォトジャーナリスト、吉田ルイ子さんのことを部活で学んだ際に
この歌のことを知った。
1995年前後といえば、ちょうど新生南アフリカ共和国ができた頃。
自身、あの頃の希望に満ちた新鮮な気持ちも
一緒に振り返ることができました。
そして、決して諦めない勇気を映画からもらいました。

残念ながら、作品賞・監督賞のノミネートは逃したものの
主演・助演の二人の演技には圧巻。
クリント・イーストウッド監督に求められるものが
大きいから、ノミネートにはならなったんでしょう、、と勝手に解釈しております。
ここ1年で言えば、「ミルク」につぐパワーをもらった映画でしょうか。

さて、アカデミー賞月間。
これからどんどんいい作品がくるから楽しみ♪
スポンサーサイト
page top
Happy Week
毎年お誕生日の週は、とても幸せな気持ちな一週間です。
今年も、お友達にたくさん祝ってもらいました。

先日、日記に登場した寒中見舞いの友達を筆頭に
ほのぼのとした気持ちにしてくれました。
32歳という節目(まぁ本厄という意味では)の年を
大変有意義に過すことができたわけです。

本当にありがとう!


余談ですが、月曜より胃炎になりました。
ただの二日酔いだと思っていたら
どうも、胸のむかむかがとれず、
ご飯が食べれなくて、昨日薬局にいったら

「それは胃炎からくる風邪でしょう。
 いま流行ってますからね、
 病院に行かなくては抗生物質がもらえませんよ。」
と言われ、あわてて病院へ。
結局、熱はなかったので
風邪ではなく、胃炎だろうということになり
生涯、海南島にいる時にしかお世話になっていない
「強力胃薬」を手にしています。

食欲が出ないなんて話、
先週の私からは全く信じられない話で
先週は 飲んで、食べて、歌って・・・楽しんでいたのに
なんだこりゃ?という感じ。
多分1月はかなり気を張って生きてきたので、
糸が切れてしまったか。
ウイルス性の胃炎さんに犯されてしまったようです。
ひとまず明日はお休みだし、今日はおだやかに過し
頑張ってみようかなぁと。
栄養ドリンクやゼリーのありがたみを実感した、
お誕生日Week翌週でした。


「流行っている」とのことで、皆さまもお気をつけください。
page top
なぜに中国ドラマは…
やっぱり、アメリカや韓国のドラマの方が大陸ものより面白い。
どうしてもこう思ってしまうのには、それなりの理由がある。

中国ドラマと韓国ドラマ、アメリカのドラマを比較して
一番違う点は、ストーリーの組み立てではないか。
登場人物が複雑に絡み合うのは、
どのドラマにも言えることだと思うが
その関係が早いうちから分かってしまうのが、中国ドラマ。
合計20数話の中で、
3,4話目に全ての登場人物の背景が分かってしまう。
主人公とヒロインが実は幼い頃に出会っていたり、
上司に惚れる部下は、実はその会社の社長の甥、、、なんて設定だ。

韓国のドラマと平行で見ていたら、
特にこんなことに気づいてしまう。
同じ3,4話目でも韓国ドラマは、
未だ登場人物には謎がいっぱい。
まだ部分部分しか見えていなくて、引き込まれる。

アメリカのドラマはシリーズものも多いが
毎回違う要素を入れている。
もちろんキャストの対立などで、
急に留学しちゃって登場しなくなったりと
えらく製作者側の意図が強いドラマもあるが、
アメリカのドラマは現代が抱えている問題を
うまく登場人物の中に組み込ませていると思う。
ドラッグやアル中、暴力、晩婚、まぁいろいろとネタがでてくるものだ。
たまにやりすぎじゃない?ということもあるけれど。。。

やはり中国のドラマは歴史ものにつきるのか?
現代ドラマもたまに面白いものもあるのだけれど、
アメリカや韓国のものと比較すると
どうしても面白みに欠ける。
あれだけヒットする映画が作れる人たちなんだから、
もう少しドラマの方も頑張ってくれたらなぁ、、、、。

今度に期待し、勉強


© すい's BLOG. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。