何気ないところに小さな幸せが・・・。そんな日常を「徒然なるままに」語ってます。   
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
すいの東京国際映画祭
今年もいってまいりました。
今年は連日雨でとっても悪天候な感じだったけど
それもカトリーヌ・ドヌーブにちなんでなのでしょうか?
(幸せの雨傘、見に行かなきゃ)
まぁそれはさておき、昨年から2年連続で参加の東京国際映画祭。
今年は1日しかいけなかったけれど、それなりに楽しみました。

昨年前売券でかなり痛い目にあったので(※)
今年は当日券と決めていた!
正解!
六本木ではお気に入りの一番後ろの席が空いていたし。
※昨年の日記参照
 確か書いてました。。。
 座席がシステム上選べず、何回クリックしても「前から3番目」しかとれなかったのでした。。。
 アップはどこのアップかわからず、首が痛くなった。
 字幕を見なくても分かる作品だったからまだよかったものの、。。

1日3作品を見るつもりだったけど
1作品はイギリス+アメリカ映画だったので、当日券が即sold outに。
これは少し予想していた。
open時間に行ったから、熱心なファンがもう列を組んでいるだろうと。
中国作品は問題なくチケットをゲットできました。
だから来年は見たい作品によって、前売りを当日券をうまく使い分ければよいのかなぁと思いました。

見た作品は「重慶ブルース」と「鋼のピアノ」
コンペ作品だった「鋼のピアノ」は主演男優賞をとってました!
思い返せば、主演のワン・チエンユエン(王千源)さんの演技は
彼の人の良さが伝わってくる暖かいものでした。
作品的にはカット変りが少々気になった(多い)んだけど
おもしろい作品でした。
Q&Aセッションンもとっても楽しくて、
やっぱり東京国際映画祭の醍醐味はこの「作り手と近くに感じることができる」
暖かさにあるぁと実感したのでした。
(だから、もっとたくさんの人に来てもらいたいけれど
 人が多すぎてチケットがとれなくなってしまうのは勘弁って感じです)
片や「重慶ブルース」はうーん、想像と違っていたかなぁ。。

鋼のピアノ↓
http://www.tiff-jp.net/ja/lineup/works.php?id=15


これは余談だけど「重慶ブル―ス」を見てた時に
私の右隣の男性が開始早々に私の左隣の男性に
「ポップコーンを食べる音がうるさい」と注意していた。
私は真ん中で冷たい風にさらされ、いきなりイヤな感じ。
さらに、どう聞いても「注意して」食べている風の左隣にむかって
「まだ音が聞こえるから外で食べろ」と注意した右隣。
てか、あんたどんだけ細かく音を聞くつもりなんだって言いたかった。
バイリンガルの私でさえ別にそこまで神経質に音を聞きとる気はないし
間にいる私のことも考えてくれ!
(そんなに聞きたきゃDVD買いましょう)
左隣も映画の音が大きい時に食べるって技を知らないのか?(常識よ)
まぁ左側の男性が大人だったので、喧嘩にならずよかったが。
初めてこんな目にあいました。
ナイフとかで喧嘩にならなくてよかった。。
スポンサーサイト
page top
原点がここに
ようやく本日ひと段落しました。
新HSK(漢語水平考試)はイマイチなできな気がするけれど
ともかくよく1週間頑張った。。。
「もっと早くから勉強すればいいのに」という声が聞こえてきそうだけど
なぜ1週間なのかというのにもそれなりのワケがあり。
試験が新しい制度になってから、公式問題集が1冊しか出回っていなかった。
模試を一度だけ解いて「試験時間足りなーい!!」と不安にかられていたけれど
月に一度お世話になっている学校から
「大陸でもだいぶ参考書が発売されていた」と耳寄りな情報をもらい
コピーさせてもらって、1週間でずいぶん追い込んだ。
なにせ即席な感じで追い込んだから、かなり息切れしたけれど
まぁ短い期間でやるだけのことはやった。(と思う。)
(当日知ったが、試験時間が5分のびていた。過去のみんなの出来があまりに悪かったのだろう。。)

にしても、試験問題をといていて「どっちも正解じゃない?」とか
あやしい問題が多くて、?だった感想は本当のものだった。
もともとのHSKを実施していた本家本元の北京語言大学と
政府の新しい機関は喧嘩別れしたとか(しないとか)
老舗からしてみれば、問題だらけの試験のようで。。。
どっちにしても、私は2年に1度のメンテナンスってことで
新しい形式の試験問題にはまだ慣れないけれど、チャレンジャーに戻って頑張ったわけだ。

会社のバタバタがひと段落して
いろんな?!なこともあった1か月だったけれど
忙しさにかまけて、感受性が鈍くなっていたのも事実
はっとさせられるものや感動が、ドラマ・映画・植物からしか得られない毎日だった。
おのずと日記もからも遠ざかる。
それが今日、メトロで見かけた広告で
心があらわれた。

あっ、ここに本来のすいがいた。
小さなことに心を奪われるすいがいた。
車両の中だったので、写真にはとれなかったけれど
最近お気に入りのスカイツリーの広告。

http://www.rising-east.jp/diary/2010/08/post-63.html

あー、四季シリーズの秋がアップしていない、、残念。


芭蕉なら
あの空の塔
なんと読む

さんぽ道で
遠くに発見スカイツリー
ふと想う空
ふと想う秋


思わずメモしました。
(あくまで参照。それ以外の目的はありません。)
あのシュワシュワな季節色の水玉がかわいいし
なんだかワクワクさせられる。
広告にドキッとさせられて、あこがれたのが
広告会社に入った原点。
あれも地下鉄の広告だった。
シンデレラのガラスシューズと忘れ物をかけた広告に心うたれたっけ。
今は業界からはなれ、あくまで「いち広告ファン」だけれど
あれが私の原点。
そんな心の彩りを私も早く与えるような仕事がしたい。
それは今も変わっていない。何一つ変わっていない。
言葉という壁を越えて、感動を伝えたい。

感受性を磨くって、とっても大切。
いや、あえてそうしているわけではないけれど
心があたたかくて、一人微笑まずにはいられなかった。


page top
秋になりましたね
早いもので、10月
不完全燃焼な夏もおわり、もう秋になってしまいました。
世間一般では、「日本の秋は短くなって、すぐに冬になる」と言われておりますが
私は秋が一番好きな季節なので、そのニュースは大変がっかり
短くてもこのちょっぴり冷たくなってきた風がここちよくて
子供のころから大好きな季節。
今日から一番好きな花、コスモスをテンプレートに使用します。
私の教祖さまの「コスモスの咲く季節に君は去った~」の歌大好きだし(縁起が悪い?!)
楓や落ち葉をモチーフにしたちょっと切ない秋メロディも
ぐっと心に焼き付いているもので。。

引越作業が終わったと同時に、秋は資格GETの季節。
昨年に引き続き10月、11月は試験勉強に励みます。
どちらにしても、ダーリンも渡米に向けてバタバタだし
ある種昨年と同様の理由で、今年も秋はお勉強に励むことになったのでした。
山場は11月の簿記。
半ばあきらめ気味だけど、まぁパスできると気持ちがいいだろうし
試験費用も安いので、あきらめず頑張ります。
にしても、数字を見ていると眠くなるし、肩も凝る。
とことん「あっち側」の人間ではないんだと気づかされた経理のお勉強でした。。。

そして今週末の課題は「靴の入れ替え」
あるアメリカドラマの主人公ではないけれど
大量に持っている靴(サンダル→冬くつ)にいれかえ
夏に使用した靴ちゃんたちは、しっかり磨いてあげてしまいます。
靴って、大切にはいてあげれば何年ももつもの。
はやりのスタイルはかわれど、シンプルでちょっとだけ個性的な私のお気に入りたちは
今年も頑張ってくれました。
だから使い古した靴ちゃんたちをポイしなきゃいけない時は
本当に悲しい気持ちになる。
今年は夏に活躍した子たちは、すべて来年の夏へもちこし。
しばしの冬眠を。

今年は紅葉が見れるといいな。
あまり期待はしていないけれど
プラチナ通りくらいをゆっくりダーリンと歩きたいものだ。

と、下記あやしいテンプレートをはってみましたが
HRのセクシー診断によると私は「小悪魔セクシー」らしい。
ちなみにピンヒールや巻髪はめったにやりません。
でも確かに恋の駆け引きには負けちゃうこともあり。
興味がある方、ぜひどうぞ。。。↓


LASH QUEEN SEXY BLACKS WP
© すい's BLOG. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。