何気ないところに小さな幸せが・・・。そんな日常を「徒然なるままに」語ってます。   
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
春の熊
私は何気にハルキストです。
「ノルウェイの森」が公開されるにあたって
1992年に買った文庫本を読み返している。

初めて読んだのはたしか中学生の頃。
夢に燃え、現実の世界をしっかりと踏みしめて歩く典型的な女子中学生だったから
村上春樹の世界がよく分からなかった。
そんな感覚を変えたのは、社会人になってからだった。
「羊をめぐる冒険」やいろんな作品で現実逃避にひたり
その独特の雰囲気にのみこまれていった。
さらに村上春樹のすごさを感じたのが「アンダーグラウンド」
編集という作業に徹して、地下鉄サリン事件の被害者の心境をまとめあげた。

今、20代の頃に読み返した「ノルウェイの森」よりも
さらに深く読むことができる。
10代の、20代のそれぞれの感じ方があるように
30代の私にも違った見方があり、違った切なさがある。

そんな中で、今日読んでいたフレーズで
とても好きな表現があった。
それは前々回、前回は気にとめなかった表現。

ワタナベが緑に「春の熊くらい好き」と言う

 春の野原を君が歩いているとね、向こうからビロードみたいな毛なみの目のくりっとした
 可愛い子熊がやってきて、君にこう言うんだよ
 「今日は、お嬢さん、僕と一緒に転がりっこしませんか」って。
 そして君と小熊は抱きあってクローバーの茂った丘の斜面をころころ転がって
 一日中遊ぶんだ。そういうのって素敵だろ?

 そのくらい君が好きだ。
 
 ※「ノルウェイの森」より一部抜粋


まさにそんな気持ち!
私もそんな好きでダーリンを愛しているかも。
なんだか穏やかで、春の日差しのように暖かくポカポカな気持ち。

誰もが願う永遠を
なぜ神様は、たまの気分転換で邪魔してしまうのか。
それを運命と呼ぶならば、あまりに酷だと思う。
だから神様、皆を幸せにしてください!

スポンサーサイト
page top
ランナーズカップ
土曜日、晴天の中 夢の島公園で行われたランナーズカップに参加してきました。
ここに度々書いていた「ジョグをはじめたきっかけ」がこれ。
ひょんなことから参加することになったマラソンだけれど
最近めっきり走るのが楽しくなってきた感じ。
実は森ビルのオフィスワーカーの為だけの大会ではなく、
一般も参加するけっこう大きな大会であることを
到着した新木場駅で実感。

まるでイモ洗い。。。
先月の簿記の試験で経験したのよりもすごい数の人が
でっかい鞄を持って、新木場駅に集合していた。
男女の割合は半々くらいで、若い人が多かった。
「そのお化粧で走るんですか?!」っていうばっちりメイクなお姉さんもいたけれど
大半は「走ってマース」といった感じの
健康な方々の集団でした。

初めてのマラソン大会。
私が走るのはたった5キロといっても、されど5キロ。
決して私にとっては余裕のない距離だし
人の多さにちょっぴりナーバス。
しかも私の前に走るフルマラソン経験者の後輩くんは
「10キロ45分を目標に行きます」と言うので
「えー!!1時間目標じゃないの?!」とちょぴりプレッシャー。
彼の頑張りを無駄にしてしまうことほぼ100%
でも、御年32歳。無理は禁物。
マイペースで頑張るしかない。

案の定、後輩くんはいいペースの上位で戻ってきた。
私は5キロの距離を考えてゆっくり目に入る。
でもびゅんびゅん抜かれるわ、抜かれるわ。
当然経験者の集団だらけのタイムなんだろうけれど
男子に抜かれるならともかく、女子にもガンガン抜かれて
ちょっと自信喪失。
それでも私と同じくらいのペースの女の子を見つけたので
箱根駅伝の経験(?!)から、ぴたっとマーク。
ペースをキープして、頑張った。
1キロ いつもより早いペース。
2キロ まだ2キロ~?!って感じ。
半分付近をきても、いつもよりも速いペース。
ゴールの競技場が見えたからあと一息と思いきや、ルートはかなりの遠回り。
とはいえ、川辺を走っているときはいつものジョグを思いだし楽しくなってきた。
ラストの1キロになった時、スパートをかけてやろうと思っていたのに
まったくスパートできず、体力不足。
結果はいつもよりも5分早いペースでゴールできたのだけれど
それでもなんだか実力の差をまじまじと感じた大会。

マラソン経験者1名と未経験の女子チームだった私たちは
参加チーム2000近くのチームのうち
順位はもちろん後半のチームだったけれど、自己満足。
気持ちのいい汗をかいた。
にしてもトップ10に入っているチームは桁違いに早く
実業団ちっくだった(こんな人たちはもっと違う大会に参加すればいいのに。。。)

普段も同じ距離を走っていたのに、家についたら疲れがどっとでて
参加する予定だった語学学校の忘年会の二次会は欠席。
現地(池袋)まで行ったのにもかかわらず
時間がたてばたつほど、ぼーっとしてとにかく寝たかった。
人ごみにやられたのかもしれないけれど。
その分、ぐーっすり眠れました♪

これからも少しずつ走っていくぞ~。
page top
「スプリング・フィーバー」
「春の嵐」
話のあらすじはHP等でチェックしていたけれど
なんでそんな不思議なタイトルがつけられているのか
よく分からなかった。

あるゲイカップルに、その妻、探偵、探偵の彼女の主要登場人物5名が絡む物語。
とても純粋に愛し合う姿は、性別や年齢を超えた、愛の形。
「アート系映画」とひとくくりにしてしまうのは、おおざっぱすぎるかもしれないけれど
なんだかやるせなーい気持ちが残る映画でした。
ともかく話題作なので、チェックできてよかった。
ピューッと吹き抜ける春の嵐を思い浮かべた。
なんだか土っぽくて、暖かくて、しめっぽくて、そんな風に吹かれた気分だった。

私はこの物語よりも、翻訳をしていた方のうまさにひかれた。
引用される詩の日本語訳の美しいこと。
私はまだまだ勉強が必要だなぁ、、、と。

それにしても、中国の人ってホント「サバイバー」。
この映画の監督は中国国内の映画製作を5年間も禁止されていたのに
ホームビデオにて、ゲリラ的に敢行。
海外の資本を入れて制作し
舞台の南京の映画祭に海外から出品したら、なんとグランプリに。
インディペンデント系の映画祭にしても
そのマル禁印を政府からつけられている監督の作品を
上映してしまう責任者もタフ。
いろいろ「解釈」によって逃げ道を探すことができるのは
どこの国の法律でもあることかもしれないけれど
何かを表現することがこんなに大変な国だなんて
息が詰まるだろうなぁ思ってしまう。
いや、自身現地で息がつまった経験はないけれど
そんな見えないバリアがあるのが、中国という国なんだと改めて感じた。
私たち日本人の平和ボケをふと感じてしまったりする。

© すい's BLOG. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。