何気ないところに小さな幸せが・・・。そんな日常を「徒然なるままに」語ってます。   
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
最終日 胡さんと同日に日本へ
訪中している間、胡さんの日本訪問のニュースを沢山見た。

「暖春之旅」と題していたが
中国国内ではどうとらえられているのか、とても興味を覚えた。


日本国内での現在の中国のイメージは最悪なのではないか?
そもそも餃子に続き、チベットの問題と
悪い印象ばかりが先行する。
成田を経った日、北京行きの飛行機もガラガラ。
草の根交流をすすめるものとしては、
とても寂しい現状である。

やはり、「食べ物」の問題は大きい。
察するに「森永事件」や「雪印」の件で
企業のイメージがダウンした際に
そこから這い上がってくるのは、並大抵のことではなかっただろう。

そこに拍車をかけて、チベット問題。
中国は他民族国家の為に、こういった民族問題は
他国でも見られるケースだという主張もあるだろうが。
真相は闇。
国内に滞在中、このニュースは当然見かけることはなかった。

まさにこんな悪状況が揃った中で
訪中を断行したことの意味を考えたい。(延期になっていたようだが)
現在中国は国際社会の中で孤立しかけているわけで
オリンピックを前に、なんとか近隣諸国に理解を求めたいところだろう。
それだけ、日本との関係を重要視してくれてのことだろう。

前回、江沢民が来日したときは
とにかく「歴史問題」に触れることが多かった。
今回は、それには及べない理由が沢山あった。

政府によって連呼されている
「戦略的互恵関係」とは何か。
中国語でも同じ漢字で表現されていた。
それは、お互いが「WIN、WIN」になる関係だとか。
今様々な問題が根底にある中で
お互いのことを理解しあい、友好に努めていくこと。

番組では高村さんなど政治家のインタビューで特集を組まれていた。
加えて現状の日本のエコに対する意識や、先進ぶり
それだけでなくもう少し、
日本のナマの声を伝えて欲しかった。
(もしかして、私が見ていなかった日に特集していたかもだけど。。。)
明らかに中国側にとっては厳しい旅となるだろう。


北京の庶民が通う市場で見かけた
「産地表記」の白板。
中国でも安全問題には気にかけている。
みんなが同じ意識で向かっている。


何か、私に出来ることはないか、
何か、私がすべきことはないか。。。


それは日本を訪れる中国人の人たちが
日本に好印象を持って帰ってくれること。
そして、私も中国の「いい面」を紹介できること。
そして、問題にも向き合っていくこと。


課題がいっぱいだなぁ。。。



スポンサーサイト

コメント

管理人にのみ表示


© すい's BLOG. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。