何気ないところに小さな幸せが・・・。そんな日常を「徒然なるままに」語ってます。   
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
10 years
あれから 10年たつんだ。
今年は2009年だから、1999年から10年。
ひとつ上の先輩達までが、社会人になり
とりのこされた最終年。
学生という年が終わってしまうんだというむなしさが若干と
早く社会に出たいという妙な自信で燃えていた1999年。

ここから私の10yearsはさまざまなベクトルが発生し
人生の中で一番、考える→実行の多い期間だった。
長いようで、短くなく、そうやっぱり長くて・・・
そしていろんな思いと、いろんな経験と
出会い、別れ
一言では語りつくせない、とても濃い10年だった。

先輩達を送り出して、開始した社会人としての生活
出会いの連続、新しい環境
変化していく自分、変化しなきゃいけない自分、変わらない心
ガラッと変わった生活だったけれど
葛藤してしている時間なんてなかった。
毎日が楽しくて仕方なかった10years前半。
仕事も恋愛も一生懸命だった。
どっちかがうまくいけば、相乗効果。
分かりやすい結果に、たくさん無理もしたな。

「あの時」出した答えに、いき詰まりを感じた10years中盤。
今を見るか、10年後を見るか
学生の頃は人生の先輩に背中を押してもらいたくて相談していたけれど
今度は行動力が勝っていた
あいかわらずのまっすぐな姿勢で中国へ
今までいい意味で生き急いできた自分に気づき
じっくり「自分」を考えた2年間。
異国の地で出会った先生、友達、
今でも私の宝物。

10yearsの後半は、今に通じる。
大きくつかんだ成果に自分を誉めたけれど
then?
答えが見えないままもがいた28歳。
別れが多かった28歳。
もがいていた頃に出会ったオアシスが
もがいたまま前に進む私を大きく包んでくれた。今のダーリン。
穏やかな心になると、ある答えをみつけた。
それはシンプルなところにあった。
もちろん簡単じゃないと知った29歳。
わかりあいたい人とわかりあえないこともあった。
それでも何事も信じて、信じて。
私の「今」を感じながら、「先を信じて」前に進んできた。

だから今、一日一日を大切に生きていける。
だから今、自分を信じて生きていける。
10yearsが開始した頃と同じ、相変わらずバカ正直で
直球勝負が好きだけど、
フォークも覚えたし、ピッチングスタイルも変えた。
肩の負担が減ったかな。

決して全てが理想通りに進んでいるわけではなくても
少なからずやりたいことがあって、それが自由にやれて
大切な人がいて、家族、自身が健康であるだけで神様に感謝。
こうやって穏やかな心で過せることが、なによりの幸せ。

明日は明日の風が吹くけれど
この10yearsが私の背筋をしゃきっとさせている。
誰に対しても誇れる10yearsだもん。

今日、長く会えなかった先輩に会える。
私の原点を支えてくれた人たち。
私はこんなに大きくなりました。

みんなの10yearsが幸せで心地よかったと信じつつ
早く夜にならないかなぁと思う、昼下がりでした。
スポンサーサイト

コメント

管理人にのみ表示


© すい's BLOG. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。