何気ないところに小さな幸せが・・・。そんな日常を「徒然なるままに」語ってます。   
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
スラムドック ミリオネア
雨の土曜日でしたね。
それにしても、道端のツツジがちらちら咲き始めたと思ったら
この寒さ。
新宿の電光掲示板は11℃と表示されていました。

さて、木曜日に待望の作品、見ました。
「スラムドックミリオネア」
スラム出身(スラムドック=スラムの野良犬)である主人公が
あの、みのもんたで有名な番組(いえいえ、本場は日本ではありません)
「ミリオネア」に出場して、一攫千金する物語。
教養がないはずの主人公が、なんたる偶然かつぎつぎと回答。
人生の記憶する各ページがフラッシュバックし、回答が手繰り寄せられた。
そう、「知り得てしまった」ことでやらせの容疑もかけられてしまう。
シーンは拘束されるところから始まる。

そもそも、主人公がこの番組に出たのは
初恋の人を探す為。
このピュアな、甘く切ない想いが
作品全体にちりばめられている。
甘酸っぱい香りとキューンと胸に響く音楽。
音楽の選曲もなかなかでした。

この映画は舞台こそインドであれ、決してインド映画ではない。
(ラストはまさにインド映画でしたが)
監督はイギリス人監督です。
ヒルズの「チャロー・インディア展」をご覧になった方は
展示で示されたものと同じを思いを感じるかもしれない。
トタン屋根が続くスラムが街から感じるパワー、
子ども達の目の輝き、人々のユーモア。
インドはまだ私の中では未知の国だけれど
そのパワーを早く肌で感じてみたいと思いました。

とてもいい映画でした。
ぜひぜひ足を運んでいただきたいと思います。

GW前から、俗に言う「アカデミー賞作品(もしくはノミネート作品)」が
結構公開になるケースが多いです。
この作品の他に、ショーン・ペンの「ミルク」
6月公開ですが、ケイト・ウィンスレットの「愛をよむひと」
楽しみな作品が多くて、私的にはとても待ち遠しい初夏なのでした。
ここのところ、ヒルズのポイントのおかげで
TOHOシネマズ六本木の映画が結構手軽に楽しめて助かっている。
今回もそのポイントで見てきたのだが
またバックを衝動買い(5倍ポイント)して、ポイントがたまったから
タダで見れるなぁ。


いやぁ、映画ってホントにいいもんですねぇ。。。


今日、糸ようじを使用していたら
突然歯のつめものがポロリ。
先日から社内で歯医者にかかっている人が多いので
「最近流行っているなぁ~」と行っていた矢先。
本日は日中に用事があった為
歯科の終了時間に間に合わず、日曜日までお預け。
明日は、おとなしくしておこう。暴飲&暴食どうせできないし。
またまた明日は「見まくり&読みまくり」しちゃお。
今週懸念すべきは、5月1日のダーリンの誕生日に彼が帰京できるか。
1年越しの天ぷらを食べさせてあげたいのだが。。
そんな想いを胸に、私も甘酸っぱく生きてみようかなぁ。
スポンサーサイト

コメント

管理人にのみ表示


© すい's BLOG. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。