何気ないところに小さな幸せが・・・。そんな日常を「徒然なるままに」語ってます。   
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
「ケセラ・セラ」でいきましょう
いやぁ、今日は暑かった。
引きこもり週末の二日目、結局一歩も外出しなかった。
暑そうだし、それでもお部屋の中は自然の風で十分だと思ったので
クーラーはかけず(この間の風邪の教訓。。。)、自然の風で読書に励んじゃいました。

風邪は大分よくなりました。
まだ鼻水がとまらないけれど、人生は初の夏バテ?と思われた
「何もしたくない病」からも脱出し
今日は炎天下の中、網戸掃除やカーテンの洗濯等
決して「何もしたくない病」だと手をつけないだろう作業も順調に終了。

先週は自分でもちょっぴり心配したけれど
おそらく風邪やら脱力感は、心労からも来ていたと思う。
ダーリンの仕事は暗礁に乗り上げ中の為、なかなか東京に戻って来れないし
二人の将来も出口の見えないトンネル中。
そんな中、周りの幸せな話を聞くと(もう結婚くらいじゃ動揺しないけれど)
特に出産なんかの話にうらやましさで知らないうちに心に疲れが出ていたみたい。
正直うらやましいし、なんで人生思い通りにすんなりいってくれないんだろうとヤキモキ。
実はうつ病になる人の気持ちがちょっと分かった気分。(おおげさ?)
ダーリンは昼夜問わず頑張って課題に取り組んでるのに
なんで私はこんなに自分のことばっかり考えて一人脱力感にさいなまれているのかと。
ちょっと自分もイヤになったりで。
いろんなことが重なって歯車が崩れたようでした。

でも、だんだん体調がよくなってきて
気持ちが回復してきた。
昨日、ヒッチコックの「知りすぎていた男」を見た。
医者(ジェームス・スチュワート)と結婚した元歌手のドリス・デイが歌う
「ケセラ・セラ」を聞きながら、
「あ~この歌ってこの映画のヒット曲なんだ」と改めて知る。
私は何になれるの?私は幸せになれるの?
そんなことは分からないから。
将来のことはなってみなくては分からないから。
この「なるようになる」が
歌手の生活から主婦生活でちょっと不満を感じつつも、母として幸せに生きる
彼女の気持ちを表していて
さらに誘拐された息子に聞かせるために大声で歌う「ケセラ・セラ」が
焦る心と対称的で、そして力強くて心に響きました。

私はこの映画のことも、歌のこともよく知らないまま
「Let it be」や「ケセラ・セラ」の言葉を愛し、よく使ってきたけれど
今この歌を大声で歌えば、それでいいんじゃないかと思った。

引きこもり週末、と言っても
実はちゃんと昨日活動をしていて、
9月の連休に母が上京し、尾瀬に行く予定だったが
母の骨折の治り具合と、8時間の歩行の際何かあったら。。。を懸念して
尾瀬を断念。場所を変更しに旅行会社に行ってきた。
ちょうど体調もすぐれず、苛立っていた際に聞いた提案だったから
正直「また旅行会社に行くの?!めんどう!」と思ったけれど
後に、心に余裕のない時は、人にあたってしまうもので申し訳ないことをしてしまったなぁと実感。
尾瀬を断念しなくてはという決心をするのは、母が一番辛いことだったのに。
母と相談して、場所を何箇所かに絞って検討すると
奥多摩の方面で、渓流などの自然に触れたいということだった。
旅行会社に相談し、奥多摩方面は温泉旅館が少ないことから
結局、秩父の温泉に宿泊することにした。
桜や紅葉のキレイな秩父だから、相変わらず季節はずれてしまっているけれど
露天風呂付客室にしたし、温泉でものんびり久々に親孝行できればと思っている。

ケセラ・セラだけど
早く物事が好転して欲しいな。
せめてダーリンの課題が解決して、昼夜仕事生活から開放されますように。
スポンサーサイト

コメント

管理人にのみ表示


© すい's BLOG. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。