何気ないところに小さな幸せが・・・。そんな日常を「徒然なるままに」語ってます。   
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
「南十字星」
「もうすぐ秋ですよ」っていう、この心地よい夜の空気が好き。
肌寒さを感じ始め、「もう夏が終わったんだなぁ」という寂しい気持ちと
何をするにも気持ちがいい季節、「秋がやってきたんだ」という気持ちが共存する今日この頃。
待ちにまった冬ももうすぐそこに。
今年はまたまた暖冬の予報だけど、雪は沢山降ってくれるか?
それまでにダーリンは少しは暇になってるかしら。

芸術の秋にふさわしく
昨日は劇団四季の舞台を見てきました。
友達がもらったというチケットで、「南十字星」でした。
舞台は「BLUE MAN」以来。
ミュージカルは、高校生の時に「芸術鑑賞」の授業で見たもの以来なので
一体、十何年ぶりだろう。
ミュージカルって、チケットが高額なことから、あまり手軽にいけなくて
いつか見てみたいと思っていた願いが、思わぬ形で叶ってしまった。
特にそれが初めて鑑賞する劇団四季で叶うとは、本当に持つべきものは友達だと感謝感謝!

「南十字星」は、浅利さんがつくった戦争三部作の最終作品のようです。

http://www.shiki.gr.jp/applause/minami/index.html

戦争中に日本で出会ったインドネシア留学生と京大生。
その後の二人の運命は戦争に巻き込まれ翻弄されていく。
私は30代になり、大学時代を懐かしむにあたって
当時の「学徒動員制度」の言葉の重みに胸が張り裂けそうになる。
20代前半で、戦争責任の大きな十字架を背負うことになる主人公 保科勲の心境を思うと
胸が熱くなった。

どうやら、この物語にはモデルになっている人物がいるようだ。
連隊を率いていた人道的な中将も、モデルの方がいた。
ミュージカルでは絞首台に消えてしまったが、モデルの方は地元の方の働きもあり
死刑を逃れ、なんとか戦犯の刑期を終え
ひっそりと余生を過されたとか。
部下思いのとてもすばらしい方でした。
主人公の勲も、モデルとなった方が。
無実の罪でなくなっていった学徒動員生で、
遺書となった文書が、「きけわだつみの声」に収録されているとか。
このお二人の手記は是非読んでみたいと思いました。

オランダ領であったインドネシアを開放したカタチとなった日本軍は、
熱烈に受け入れられるけれたど、徐々に時代に翻弄されていく。
さらに捕虜となったオランダ人達は不満を持っていく。
シーンでは、勲は決して不平等な対応をしていないけれど
「今に見てろ、日本人」「この責任の重さを」と強い口調でオランダ人が叫ぶ(歌う)。
この何度となく繰り返される歌は、
浅利慶太からのメッセージとして、胸に響いた。
「日本人を許さない」と叫ぶ彼らの復讐心が、新しい憎しみの気持ちを生み
(日本人に限らず)世界各地で戦争を生む原因のような気がした。
さらに風化していく戦争の問題に対して、
私達知識のない若者に対してのメッセージのようにも思えた。
今回発見だったのが、A級戦犯のことは多少なりとも知っていたけれど
BC級戦犯がどのように裁かれたのかということに対しての私の知識があまりに少ないということ。
もちろん彼らの中にはホントに悪いことをして、責任を追及されてたものもいると思う。
それでも勲のように、簡単な証言だけで絞首台に消えていった方も多かったのだと思う。
法によって裁かれなかった、悲惨な裁判が多かったのは事実のようだ。
改めてそのことの重大さを、胸に刻みたいと思った。
私達は後世に伝えていかなくてはいけないのだと思った。

初の劇団四季のミュージカル体験、私はインドネシア人留学生のリナ役の女性の
歌唱力や表情に心を打たれた。
後から調べてみると、主人公の勲役の方は、初演から演じているネンキが入った方で
絶賛のコメントはこちらの方が多かった
あっ、私まだ演劇初心者なんだなぁと改めて実感。。。
(映画はある程度批評できる知識はあると思うんだけど)
四季劇場「秋」、もう少しイスがいいイスだと助かります。
お尻がいたくなっちゃった。。
休憩も挟んだので、1時間座っているのが精一杯なイスでした。。
これは残念なポイント。

スポンサーサイト

コメント

管理人にのみ表示


© すい's BLOG. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。