何気ないところに小さな幸せが・・・。そんな日常を「徒然なるままに」語ってます。   
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
「眼鏡越しの恋」
タイトルはただのフェイクですが
といえば、なんといっても
「空の写真集」「背表紙のあなたの名前」そして「図書館」でしょう。
今日は、めちゃ久々に図書館に行って調べ物をしました。

図書館といえば、受験勉強をした高校生の頃の思い出だろうか。
立教にいた頃もつたが絡まる図書館にはなんどか行っていたし
海南大学にいた時も行った(確か)記憶があるけれど
「市立図書館」に行くのは久々で、なんだか新鮮な気がした。

受験勉強で使用したと言っても
今では家で勉強派。
スタバやモスにもたまにいくけれど
結構周りに座る人の運が悪かったりして、最近は家の方がよくはかどったりする。
あの頃は、毎週のように広島市立(?だったか)図書館を訪れて
試験勉強をしたものだ。
あんまり深い記憶があるわけではない。
でも、きっと勉強以外の「不純な」動機もあったに違いない。
苦しい思い出もない受験勉強だけど、なんでこんなに断片的にしか
あの図書館での記憶がないんだろう。
10年、いや14年ってそんなもんなんだろうか。

柏図書館はいちお柏市で一番大きな図書館なんだろう。
蔵書の数も結構ありました。
古くさーい感じも広島の図書館と似ていて、
働いているエプロン姿のおばちゃんや冷たいパイプイスが、懐かしい感じでした。
想い出の自習スペースに関しては
断然広島の図書館の方が大きかった。
だだっぴろい部屋にばーーーーっと置かれた机とイスに
自分のお気に入りの場所がだいたいあの辺りで、、、なんて
あの頃は、1階の窓から見える景色に、何年後の自分を重ねていたか?
頑張ったかいあって、とっても華やかで楽しかった大学生活を
まだ頭の中だけで想像しながら。。。

あれから10年以上のときを経て
図書館を懐かしむことになるとは思っていなかった。
そして調べ物で足を運ぶとは。
この10年の間に、何でもネットで検索できる時代になった。
キーワードを打ち込めば、ある程度の情報を得られる。
ウィキペディアなんかも登場して、「本を広げて調査する」なんて機会がどんどん減っていた。
そして、必要なくなった。
もちろん本が好きだし、私の中で嗜好としての読書は健在。
「興味のあるもの」は書籍で購入派。
それもいつか電子書籍に押されてしまうのかなぁ。
ちょっと悲しいなぁ、それは。

今日得ようとしていた情報は
ネットでは検索しきれない情報だった。
もちろんマニアックだ、、、ということもあるが
図書館ってありがたい場所なんだなぁと改めて思った。

収穫するべきものは8割収穫できた、帰り道。
今日は朝から冷え込んで、まるで冬の帰り道。
手袋にはまだ早いけれど、冷たい手足。
「空の写真集」の背表紙にときめいた想い出こそはないけれど
キリっとひきしまったこの冬の空気と、
図書館の外で開館を待ったいた想い出が重なった。

上記記載の通り、本は購入派。
今までお世話になっていたのは、自習の時だけだけど
これからの人生、調査でもお世話になるだろうから
次に越す時の条件に「家の近くに大きな図書館」はずさないようにしよう。
スポンサーサイト

コメント

管理人にのみ表示


© すい's BLOG. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。