何気ないところに小さな幸せが・・・。そんな日常を「徒然なるままに」語ってます。   
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
私のGIFT
木曜日、会社から帰ったら
「感到意外」な贈り物が届いていました。

一枚の寒中見舞い。
それは、もう25,6歳のころから5年以上連絡が途絶えていた
大学時代の親友からの便りでした。
毎年、懲りずに実家に年賀状を出し続け5年以上。
現在の住所が分からなかったし、それでも
いつか連絡がつくような気がして、
毎年1年に一度希望を託して投函していました。
数ヶ月にいっぺん大学時代の友達に会う度に
「今どうしているだろうね~」と話し
ともかく元気でいるか、安否を知りたかった。

彼女は大学を卒業後、アメリカへ留学し
アメリカの大学にて頑張っていました。
ちょうど卒業前の多忙な時期から、連絡が途絶えてしまい、
疎遠に。
大学生の頃から、友達の誰かしらが海外で過していたから
「しばらく連絡が取れない状態」には
慣れてしまっていたけれど、
そのうち連絡できるだろうと思いつつ、数年が過ぎていった。
私も中国に行っていたりで。

もし自分が芸能人(?著名人)になって
「あの人に会いたい」のコーナーに出演するなら
ぜったいこの彼女ははずせない
とよく友達に話していました。
「スターウォーズエピソード1」の公開にあわせ
「スターウォーズ合宿」を彼女の家で開催し
映画を見た後、あつくその後の展開を語り合ったことや
彼女の片思いの相手を見るために、
わざとらしく親友達とバイト先のカフェに押しかけたことなど
いろいろなエピソードが語られることでしょう。


小さくてカワイイ笑顔をふりまいて
まだ小さいけれど
彼女にそっくりのお目めをした娘ちゃんの写真と
数行のメッセージだったけれど
ホントにホントにうれしてくて、泣けてきて
ここ数ヶ月の苦難が、急にどーでもよくなりました。
アホらしく思えてきました。
たった1枚のハガキだけれど、
長年待ち続けた願いが、しいて言えば夢が
今叶っちゃって、なんてステキな一年の始まりなんだろうと。


富士山もそうだったけれど、人間頑張れば報われるんだ。
当たり前のことだけれど、
この地味な頑張りが、私のGIFTであり
誇れる部分だと。
それでも運命というか、
今だからこそ親友からの便りが届いたわけで
本人が知らないところで、
周りの人にエールを送っていることってあるんだと思いました。
彼女が私に寒中見舞いを出そうと思ってくれたことが
神様からのGIFTであり
メッセージを入れてくれて、投函してくれた
50円の記念切手の貼られたハガキは
私にとっては50円の値打ちだけじゃないくて、
数千万のダイヤモンドよりも輝いていて
ウコンやユンケルなんかの栄養剤よりもパワーになりました。

決して、若い頃のように
無我夢中につっぱしっていこうという気持ちに
なったわけでもないし
マイペースは今までどおりなんだけれど、
何事に対してもあきらめないで頑張っていかなきゃと思いました。


もしかしたら、
当の本人がこの日記を読んでくれるかもしれないなぁ。
大げさに思えるかもしれないけれど
上述したくらい、私は寒中見舞いに勇気をもらいました。
本当に、本当にありがとう!

来週32歳になる記念日に昔の仲間が集います。
その際は、彼女からの寒中見舞いを肴に
きっと沢山の思い出話がつのることでしょう。
スポンサーサイト

コメント

管理人にのみ表示


© すい's BLOG. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。