何気ないところに小さな幸せが・・・。そんな日常を「徒然なるままに」語ってます。   
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
なぜに中国ドラマは…
やっぱり、アメリカや韓国のドラマの方が大陸ものより面白い。
どうしてもこう思ってしまうのには、それなりの理由がある。

中国ドラマと韓国ドラマ、アメリカのドラマを比較して
一番違う点は、ストーリーの組み立てではないか。
登場人物が複雑に絡み合うのは、
どのドラマにも言えることだと思うが
その関係が早いうちから分かってしまうのが、中国ドラマ。
合計20数話の中で、
3,4話目に全ての登場人物の背景が分かってしまう。
主人公とヒロインが実は幼い頃に出会っていたり、
上司に惚れる部下は、実はその会社の社長の甥、、、なんて設定だ。

韓国のドラマと平行で見ていたら、
特にこんなことに気づいてしまう。
同じ3,4話目でも韓国ドラマは、
未だ登場人物には謎がいっぱい。
まだ部分部分しか見えていなくて、引き込まれる。

アメリカのドラマはシリーズものも多いが
毎回違う要素を入れている。
もちろんキャストの対立などで、
急に留学しちゃって登場しなくなったりと
えらく製作者側の意図が強いドラマもあるが、
アメリカのドラマは現代が抱えている問題を
うまく登場人物の中に組み込ませていると思う。
ドラッグやアル中、暴力、晩婚、まぁいろいろとネタがでてくるものだ。
たまにやりすぎじゃない?ということもあるけれど。。。

やはり中国のドラマは歴史ものにつきるのか?
現代ドラマもたまに面白いものもあるのだけれど、
アメリカや韓国のものと比較すると
どうしても面白みに欠ける。
あれだけヒットする映画が作れる人たちなんだから、
もう少しドラマの方も頑張ってくれたらなぁ、、、、。

今度に期待し、勉強


スポンサーサイト

コメント

管理人にのみ表示


© すい's BLOG. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。