何気ないところに小さな幸せが・・・。そんな日常を「徒然なるままに」語ってます。   
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
これからどうなることか。。。
まだまだ微妙に余震が続く東京
電気もガスも平気なので、幸せだと思わなくてはいけないかな。
テレビで報道されている情景にはとても心が痛みます。
福島の会津若松にいるサークルの同期とはひとまず連絡がとれたので
私の周りで東北にいる人の安否は確認できて一安心。
でも、彼は福島県庁に勤めているのでいろいろと大変だろう。。

関東以西にお住いの方々からは、沢山の励ましのメールやご連絡を頂戴しました。
本当にありがとうございます。
今回の地震は、友達や同僚さまざまな人たちの温かみ
人と人とのつながりを強く感じるきっかけとなりました。
安否を心配しあい、それでも一人では生きていないことを実感しました。
ちょっとしたチェーンメール事件なんかもあったけれど。。。
海外からもメールが入っていたので、無事である旨、早く返信しておかなくては。

東京近辺の方で地震に遭遇した方は
ほぼ私と同様の経験かと思いますが、
いちお記録しておこうかなぁという気になりました。

地震の時間帯、私はいつものようにヒルズの34階で働いていました。
クライアントさんとお電話をしている時に強い揺れを感じ
同じ週にもけっこうな揺れを感じていたけれど
これはもっと強力だと直感し
「あっ、ともかく電話きりましょうか」と言って、電話を切って机の下へ
机の下に入ったのは、避難訓練で学習していたからというよりも
単純に揺れが怖かったから。すんごくすんごく揺れました。
船も飛行機も苦手なので、あの横揺れがたまらなくダメで
日本一安全なビルだと分かっていたけれど、怖くてともかく座っていられなかった。
他の方たちは結構平然としていて、外の景色とかを眺めている人もいた(ホントは窓側は危ない!)
EVは全館ストップ。
そうこうしている間に、もう一度大きな揺れがあり、震源は東北
地下鉄などの交通手段がストップしていることが判明。
うちの会社にはテレビがなかったので、みんなワンセグの携帯電話を出して見ていた。
窓から見える246号では首都高がストップしていおり、すでに帰宅を徒歩ではじめた人たちの
流れが見られた。
東北にいる友人が気になり、机の下からメールを送る。

会社から「帰ってよいよ」コールがある。
私は決めかねていた。
月曜日から入社する方の準備も残っていたし、振込作業もあるし
研修の準備やら。。。。ともかくやることがいっぱいだった。
飲み明かす!なんてのも手かなぁとも思っていたのだけれど
予想に反して飲み友達はみんなまっすぐお家に帰る方向。
(もちろんメールは届いたり届かなかったりの不安定な感じ)

仕事の終了の仕方は微妙だったけれど、緊急事態だし
同方向の会社の先輩がいるので、歩いて一緒に帰ることにした。
方向音痴ではない方だけれど、一人だと不安だし。
その先輩は人形町に住んでいて、都内はよく自転車でうろうろしているので
道案内はばっちりだというのも心強かった。
いちお「災害用帰宅マップ」とペット水を鞄にひそませ出発。

六本木を出て溜池、銀座を通り、東京駅、茅場町そして人形町
徒歩の人の流れは止まることなかった。
立ち食いソバや吉野家は大繁盛。
そんな吉牛の様子を見ていると無性にお腹がすいてきたけれど。。。けどしばし人形町まで我慢。
こんな日に限って、買ったばかりの春のパンプスをはいていたのだけど
社内はきナースシューズで帰るわけにはいかないし、ひとまず頑張ってみる。
先輩と話しながら歩いているとあっという間で、1時間45分の軽い運動で
私にとっては余裕な距離だった。

おそらくここからさらに数キロという人たちも多いだろう。
平均値はどれくらいの距離だったんだろう。
おそらく10キロ以上。
厳に都内ではたくさんの施設が仮眠場所として開放されていた。
私の上司は20キロ以上ある距離なのに、徒歩で出発していた。
帰り道に電話した友達も20キロくらいの距離を歩いていると話していた。
途中で電車にのれたみたいだけれど、ホントに都民にとっても災難な一日だった。

私の災難は家に帰っても続く。
一番冷や汗だったのが、デスクトップPCの画面が落下していたこと!
コードをつけたらつながったので一安心。
翌日クリーニング店のおばさんから聞いた話だが、
買ったばかりの液晶TVが落下して壊れたなんて人もいたらしく、
落下防止のシリコンを絶対購入しなくては!
と強く思った。
ダストボックスの上においていた梅酒も落下、ヒビが入ってしまっており
半分以上が床に散乱。これはトホホな感じ。。
CD散乱、でもこれが運がよく1枚も割れていなかった。

高層マンションは全く平気そうなのに
我が家は激しく揺れたんだろう。
そう思うと、ここにいたらホント大変だっただろうなぁ。。。と改めて思った。
後で母からも言われたけれど、高いところに落下して怪我をするものを置くなとか
枕元に懐中電灯はとても大切なことかと思った。

昨日母には「東京に避難警報がでるかもしれないから、パジャマで寝るな」とまで言われた。。。
いいです、ジャージ&すっぴんでもちゃんと逃げますから。

こんな不安がいつまで続くのだろう。
いつか大きな地震にあうだろうとは思っていたけれど
どちらにしても、もう少し備えをしておかなくてはいけないのも事実。
会社でもそんな見直しをしなくてはと思った。
明日は早く会社に行かなくては。
やることいっぱい。。。

スポンサーサイト

コメント

管理人にのみ表示


© すい's BLOG. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。