何気ないところに小さな幸せが・・・。そんな日常を「徒然なるままに」語ってます。   
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
「その日のまえに」
~前書~
早く旅の記録をアップせねばと思っているのだが
父の件でなかなか時間がとれず、今日ようやくスーツケースの片づけを終えたところ。
で、旅行の記録を残す前に書いておきたい衝動にかられ
大陸の安ホテルの裏紙に記録した文章があるので、そちらから先に。
明日病院で時間がある間に旅行記は整理しようかな。写真もUPしたいし。

***************************************************************

私はこの本を中国の外国人なんて今まで一人たりとも見たことがないような
小さな都市の安いホテルの中で読み終えた。
死が近くなっている父のことを話した際に、ある友人から勧められた一冊だった。

重松清 著「その日のまえに」

術後に医師から言われた余命を半分過ぎて、とりきれないガンではあるけれど
共存していこうと心に決めた矢先、また父は入院した。

再び告げられる医師からの残された時間の話。
術後の宣告ほどの衝撃はなかった。
ただただ「これからどうしよう」とか「あのことどうなっているんだろう…」など
事務的なことだけが沢山頭をよぎった。

それを薄情なことだと思っていた。
でも今まで感じてきた父への不満や多少の憎しみを考えると
仕方のない感情なのだとも思っていた。
これが一緒に暮らしてきた父なら全く違う感情を抱くかもしれない。
しかし本の中で語られる「その日」を迎える家族や本人も
決して泣き崩れるだけではなく、それぞれが死に向き合う姿勢をとっていた。
逝く人と残される人。
伝えること伝えられること、、、それが自分の予想外のことだとしても
残された者は生きていかなくてはならない。

本人はまた家に帰れると思っている。
休日まる一日つき合った病院にて一生懸命体を動かそうとする弱った父がいる。
私が見舞いに行く日は割かし調子が良い日が多い。
だから本人を見ていると本当に信じられない気がするし、
そんな父を見ていると何だかよく分からないけど涙がとまらなかった。

この本には私が感じた同じようなことが沢山書いてあった。
なんでウチが?!、、、と元気で幸せそうな人をねたましく思ったり
押しつぶされそうになるのは普通の感情なのだ。

この本を読んで気持ちをだいぶ整理できた。
ゆっくり本と向かい合える時間ができて本当に良かった。
人には人の数だけ別れと出会いがあり、その感情は決して本人以外の人が分かることはないだろう。
友達の存在は大きいけれど、多分なかなか死に向き合うことへのイメージがわかないと思う。
近い家族をなくした経験のある方は多少はイメージできるかもしれないけれど
それでもその立場や感情は人それぞれ。
だから、ただただ会えた時にギュッと抱きしめてくれれば私はそれで十分。
頭をなでてくれればそれで十分。

当の本人は家族を残して旅立つことに対して、本当に無念なことだと思っているだろう。
“無念”ということばがここまであてはまることはめずらしい。
その想いを私たちは受け止めなくてはいけない。
私はたいした親孝行ができていないし、こいつは大丈夫だとは思われているだろうけれど
ただただ親に対して誇りに思っていることは、父が付けた名前の通りに育ったこと。
沢山の愛情を受けて、沢山の愛情を周りに与えられる人に育ったこと。
身体が丈夫なこと。
沢山壁に当たっても、ちゃんと前を向いて歩けるところ。
しっかりと自分の力で立ち、一歩を踏み出すパワーは両親からさずかった宝。
でも、願いを叶えてあげられなくて本当にごめんなさい。
奇跡は信じたいけれど、最後まで希望は失いたくないけれど、私は向き合った。
今は父の自慢話のひとつとして加えられ、
「あの時は大変だったんじゃ~」で済むんなら幸せだけど。。。

人生においてこれからもこんな別れをいくつも迎えるのだろう。
私は「その日」の為に心の準備ができたことに感謝しなくてはいけない。


スポンサーサイト

コメント

管理人にのみ表示


© すい's BLOG. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。