何気ないところに小さな幸せが・・・。そんな日常を「徒然なるままに」語ってます。   
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
中国山西省への旅 その5~期待と裏切りの観光地 前編~
イケメン飛行機を降りたったら、こーんなにきれいな青空の空港でした↓
デッキなんてないから、タラップを降りたら地上。。

184.jpg

ほーんと何もない、、、
どこに一体市街地があるのかも不安になる「大同」。
いちお山西省の観光地が郊外に集まっているはずだから
観光客はちらほらいるはずだけど。。。空港であった人は地元の人ばかり。

昔懐かしい感じのバス(大巴)に乗り、1時間近く揺られ市内へ。
市内では久々四つ星のきれーいなホテルに宿泊。
ふかふかベットにゴロ~ンとしたかったけれど
いとまず大きなリュックサックを置いて、すぐに観光へと向かう。

まず目指すは雲崗石窟。
石窟の中にたくさん仏像あり、未だに発掘が続けられている場所。
まぁ大きな仏像があるとは聞いていたが、実はあんまり期待はしていなかった。
でも、行ってみるときれいに整備されていた観光地だった。

こんな門に迎えられ、、、

186.jpg

なかなか石窟までたどりつかない、つかない。。。
一大テーマパークかと思わせるだだっぴろさに、「まだ~」って感じだった。
15分くらい「中国庭園?」を歩いて、ようやくメインの石窟まで辿りついたときは、超感動。

201.jpg
222.jpg

たーくさんの石窟があって、後から気づいて「第〇石窟」っていう説明書きも
一緒に写真にとることにした。
(家に帰ったら、何がどの石窟か分からなくなっていた。。。)

中でも一番有名な第〇?石窟の仏像はお外にいるけれど
こーんなにでかい。(左側のおっさんと比べてください)

242.jpg

雲崗石窟は一生のウチ一度は行った方がよい!といちおし。
スケールが違うし、入場料に150元払った価値があったなぁと我ながら思う。
また天気がよかったのがますます気持ちよかったなぁ。

帰りはえらくリーズナブルに1元のバスでホテルに戻ってきて
明日の本命観光地、ちょー期待の「懸空寺」に備える。
懸空寺は昔から行ってみたかった場所。
崖の途中に立っている寺で、寺までは登れるけれど人と人がすれ違うのがやっと
というせまーく危険な観光地
と、、、これまたなんかの教科書で読んでいた。
めちゃめちゃ期待いっぱいで、ワクワクしながら夕食へ、

四つ星ホテルだから、紹介してもらえるお店に期待をしていたのに
「一人で行く」と言ったら紹介されたのは、ファーストフード。。。
見くびられたか?
でもそれが意外とおいしくて、大満足。
定番の刀削麺。

248.jpg

う~ん吃饱了!


スポンサーサイト

コメント

管理人にのみ表示


© すい's BLOG. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。