何気ないところに小さな幸せが・・・。そんな日常を「徒然なるままに」語ってます。   
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
ブライズメイド秘話
さてさて、またウェディングでの秘話を紹介。
私が挙式でどうしてもやりたかったことの1つに「ブライズメイドをたてること」がありました。
実際式に参加された方にはまだなじみがなく、花嫁より先に登場するので
「植野の愛人か?」とか「すいかと思ったw」といろいろな声を聞きましたが、、、
ブライズメイド(bride's maid)とは花嫁の付き添い人立会人として結婚式で花嫁の側に立つ女性たちのことです。
主に花嫁の友達、姉妹、親族で、未婚の女性が務めるとのこと。
バージンロードで花嫁に先立って入場し、白以外のお揃いのドレスを着てブーケを持ち
花嫁に華を添え引き立てる。ドレスは新婦が用意してプレゼントするのが通例です。

花婿側の同じ役割をグルームズマン(日本ではアッシャーと呼ぶ場合が多い)と呼び
ブライズメイドとグルームズマンは人数を揃えるらしいです。
一般的にブライズメイドは2~5名程度選ばれ人数が多いほどステイタスが高いとされるそうです。
ブライズメイドやグルームズマンの習慣は、中世のヨーロッパが起源で、
花嫁の幸せを妬む悪魔から花嫁を守るために、未婚の姉妹や友人たちが花嫁と同じような衣裳を着て
付き添い悪魔の眼を惑わした伝統が由来だそうです。

私はアメリカ映画の見過ぎで「ベスト・フレンズ・ウェディング」なんかの影響でしょうか。。
結婚式と言えば絶対にブライズメイドと一緒に!!とずーーーい分前から決めてました。
そしてずーいぶん前から親友たちには「お願いするから頼むよw」と相手も決まらないうちに
伝えていました。アッシャーの存在は置いておいて、ダーリンには
なんとか私の願いを聞き入れてもらいました。

結婚式場の手配の次に取り組んだのが、親友たちへのドレス選び。
個性が全くちがう3人。当初は「デザインはそれぞれで変えてもいいじゃん?w色は合わせようね」
なんて言ってました。。。それが奇跡的に!同じデザインに!!!
ピンクに近―いパープルになったので、私のブーケは彼女たちのドレスに近いイメージを選びました~。

ドレスでお世話になったのはこちら
エクラ銀座
既成のデザインがいくつかあり色はこちらの自由に指定。
ちょうど親友にデザイナーがいたので、いろいろと色に関しては監修してもらいました☆
私たちは事前に「気になるなぁ~」というものをピックアップして
銀座のサロンで準備していただき、実際に着て見て見ました。
やはり外国人モデルさんが来ている写真と実際私たちが着て見るのでは随分イメージが違いました~。
結局それぞれが「これ!」と言っていたものから、シンプルなデザインのものに統一。

冬の寒い時期の挙式だったので、チームブライズメイドのボスがw手編みでストールを編んでくれていました。実はサプライズで私にもプレゼント♪とっても嬉しかったです☆

親友たちのブーケはお友達のソーシャルフラワーアーティストの
岡崎万奈ちゃんにつくってもらいました。(彼女たちが手にしているブーケです)
http://mana-okazaki.com/

ブライズメイドの入場
1-3-1 (427x640)

挙式、披露宴、二次会と華を添えてくれた親友たちとステキなブーケ
2-5-0-2 (478x640)
スポンサーサイト

コメント

管理人にのみ表示


トラックバック
TB*URL

© すい's BLOG. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。